タカ・イシイギャラリー開廊25周年展『Survived!』に37作家、3会場同時開催

『開廊25周年記念グループ展: Survived!』が、本日6月25日から東京・六本木のタカ・イシイギャラリー東京、タカ・イシイギャラリー東京 ビューイングルーム、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催されている。

1980年代にロサンゼルスでファインアートを学ぶ傍ら、プライベートディーラーとして活動していた石井孝之が、同時代の美術動向を紹介する場として1994年6月25日に開廊したタカ・イシイギャラリー。第1回の展覧会であるラリー・クラーク展『タルサ/ティーンエイジ・ラスト/フォトコラージュ/ビデオ』以来、出版事業や2000年当時まだ珍しかった映像作品の展示などにも取り組み、国内外の作家と共に様々なプログラムを展開してきた。

25周年を記念する今回のグループ展では、同展のために制作された37人の作家の新作や未発表作品を中心に展示。参加作家はレオノール・アントゥネス、荒川医、荒木経惟、トーマス・デマンド、エルムグリーン&ドラッグセット、ルーク・ファウラー、マリオ・ガルシア・トレス、五木田智央、花代、畠山直哉、法貴信也、石田尚志、伊藤存、サーニャ・カンタロフスキー、川原直人、アネット・ケルム、木村友紀、クサナギシンペイ、桑山忠明、ショーン・ランダース、前田征紀、ヘレン・ミラ、森山大道、村上華子、村瀬恭子、野口里佳、ウィリアム・J・オブライエン、シルケ・オットー・ナップ、スターリング・ルビー、杉浦邦恵、鈴木理策、武田陽介、竹村京、マリア・タニグチ、登山博文、クリストファー・ウール、ケリス・ウィン・エヴァンスとなる。

イベント情報

『開廊25周年記念グループ展: Survived!』

2019年6月25日(火)〜7月27日(土) 会場:東京都 六本木 タカ・イシイギャラリー東京、タカ・イシイギャラリー東京 ビューイングルーム、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム 時間:11:00〜19:00 休廊日:日、月曜、祝日
  • HOME
  • Art,Design
  • タカ・イシイギャラリー開廊25周年展『Survived!』に37作家、3会場同時開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて