雑誌『広告』リニューアル創刊号は「価値」特集、1円で販売 記念企画も

雑誌『広告』のリニューアル創刊号となる『広告 Vol.413』が、本日7月24日に刊行された。

博報堂が発行する『広告』。リニューアル創刊号の特集は「価値」。全680ページの誌面を通して、価値についての様々な視点を投げかけていくという。また価値について考える入り口として、販売価格は1円に設定されている。

『広告』のオフィシャルサイトでは、連動企画として「1円ショップ」をオープン。『広告』リニューアル創刊号をはじめ、「あきたこまち ひと口分」「伊豆の天然水 小さじ1杯」「国語辞典 全24語」など計11点を販売する。

さらにリニューアル創刊を記念するトークイベントを開催。4回にわたって行なわれ、各回に『広告』編集長の小野直紀とゲストが登壇する。7月27日の京都・恵文社一乗寺店でのトークイベントには『暮しの手帖』編集長の澤田康彦をゲストとして迎えるほか、7月29日の東京・青山ブックセンター本店には松村圭一郎、7月31日の無印良品 銀座には塚本晋也、8月6日の下北沢の本屋B&Bには上西祐理と河尻亨一を迎える。参加方法などの詳細は各会場のオフィシャルサイトで確認しよう。

書籍情報
イベント情報

『「暮しの手帖」編集長 澤田康彦×「広告」編集長 小野直紀~生活をとりまく「価値あるもの」へのまなざし』

2019年7月27日(土) 会場:京都府 恵文社一乗寺店
登壇: 澤田康彦 小野直紀 定員:50名 料金:1,000円(ドリンク付) 『文化人類学者 松村圭一郎×「広告」編集長 小野直紀~文化人類学は「ものの価値」を再構築できるか』 2019年7月29日(月) 会場:東京都 青山ブックセンター本店 登壇: 松村圭一郎 小野直紀 定員:50名 料金:1,500円 『映画監督 塚本晋也×「広告」編集長 小野直紀~「価値あるもの」を生み出し続けるために』 2019年7月31日(水) 会場:東京都 無印良品 銀座 6階 登壇: 塚本晋也 小野直紀 定員:50名 料金:1,000円(ドリンク付) 『アートディレクター 上西祐理×編集者 河尻亨一×「広告」編集長 小野直紀~広告、雑誌、デザインのこれから』 2019年8月6日(火) 会場:東京都 下北沢 本屋B&B 登壇: 上西祐理 河尻亨一 小野直紀 料金:前売1,500円 当日2,000円(共にドリンク別)
  • HOME
  • Book
  • 雑誌『広告』リニューアル創刊号は「価値」特集、1円で販売 記念企画も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて