『鉄工島フェス』第1弾作家にSIDE CORE、西野逹、快快、さわひらき

『鉄工島フェス 2019』が11月3日に東京・京浜島の須田鉄工所、北嶋絞製作所、BUCKLE KOBOほかで開催される。

『鉄工島フェス』は2016年に京浜島にオープンしたBUCKLE KOBOをハブに、京浜島内を回遊しながらサーキット形式で楽しめるアートと音楽のイベント。今回で3回目を迎える。第1弾参加アーティストとして、SIDE CORE、西野逹、快快、さわひらき curated by 中野仁詞の4組が発表された。

アート企画として、SIDE COREによる『LEGAL SHUTTER TOKYO』を実施するほか、西野逹による野外展示、集団制作というスタイルで作品を発表し続ける快快によるパフォーマンス、中野仁詞のキュレーションによるさわひらきの映像インスタレーションの発表を予定。また昨年実施されたアートアワード『鉄工島アイデアジャンボリー by AWRD』でグランプリを受賞したNaomi Yamaguchiによる『Mobile Mini-FM Station~ドローカルの情報発信!~』も現地で制作される。

コンセプトビジュアルのアートワークは戸田悠理、CGと編集は平田尚也が担当。西野逹の立体作品をフィーチャーしている。早割先行チケットの販売は8月6日まで。

イベント情報

『鉄工島フェス 2019』

2019年11月3日(日・祝) 会場:東京都 京浜島 須田鉄工所、北嶋絞製作所、BUCKLE KOBOほか
時間:10:00〜20:00 参加アーティスト: SIDE CORE 西野逹 快快 さわひらき curated by 中野仁詞 料金:早割5,000円
  • HOME
  • Art/Design
  • 『鉄工島フェス』第1弾作家にSIDE CORE、西野逹、快快、さわひらき

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて