『ジョーカー』予告編&ポスター公開 心優しい男が「悪のカリスマ」に変貌

映画『ジョーカー』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

『バットマン』シリーズに登場するヴィランであるジョーカー。10月4日から日米同時公開となる『ジョーカー』では、「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、都会で大道芸人として暮らしていた孤独な男アーサー・フレックが、やがて狂気的な悪の存在・ジョーカーに変貌していく様を描く。

ポスタービジュアルには「本当の悪は笑顔の中にある」というコピーと共に、ホアキン・フェニックス演じるジョーカーの姿が写し出されている。

予告編では、バスの車内でアーサーが子供を笑わせるシーンや、ロバート・デ・ニーロ演じるトーク番組の司会者マーレイが「誰もがコメディアンになれる日が来た」という言葉と共にアーサーを紹介する場面、アーサーが自ら施すピエロメイクと共にジョーカーへと変貌を遂げていく様子などが確認できる。

同作に出演しているブライアン・タイリー・ヘンリーは「本作はジョーカーがかつて、いかに“幸せな人間”だったかが語られるところから始まります」とコメント。またトッド・フィリップス監督は「ロバート(・デ・ニーロ)が、脚本をものすごく気に入ってくれたんだ」と述べている。

なお同作は現在開催中の『第76回ベネチア国際映画祭』コンペティション部門に出品されている。

作品情報

『ジョーカー』

2019年10月4日(金)から全国公開
監督:トッド・フィリップス 脚本:トッド・フィリップス、スコット・シルバー 出演: ホアキン・フェニックス ロバート・デ・ニーロ ほか 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ジョーカー』予告編&ポスター公開 心優しい男が「悪のカリスマ」に変貌

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて