ニュース

Technics SL-1200とターンテーブル文化の軌跡を辿る書籍、帯は藤原ヒロシ

書籍『Technics SL-1200の肖像 ターンテーブルが起こした革命』が10月26日に刊行される。

累計売上350万台以上と言われるターンテーブル「Technics SL-1200」の軌跡について、機材史と文化史の両面から記した同書。約40年間にわたってほぼデザインを変更することなく、世界各国で使用されている「Technics SL-1200」の実像に、パナソニックに残された資料や歴代スタッフの証言、DJたちへの取材を通して迫る。

著者は雑誌『GROOVE』元編集長の細川克明。企画立案は石井“EC”志津男(OVERHEAT MUSIC)が務めた。帯には藤原ヒロシから寄せられた「SL-1200は世界にこれしかない唯一の存在です。発売当時からベストなプロダクトで、この先も古くならない」というコメントを掲載。取材協力者にはDJ KRUSH、DUB MASTER X、DJ NORI、須永辰緒、DJ KENTARO、DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA、武井進一(Face Records)らが名を連ねる。

刊行に際し、同書の初版の購入者のみ応募可能なキャンペーンを実施。応募すると抽選で10人にThe Dap-Kings『Nervous Like Me』の非売品の7インチアナログ盤が贈られる。アナログ盤はDJ KOCO a.k.a. SHIMOKITAが出演する「SL-1200MK7」のプロモーション映像でも使用されており、“Nervous Like Me[Kenny Dope 2019 Mix]”“Nervous Like Me[DJ Koco Shimokita Live Mix]”の2曲を収録。

細川克明『Technics SL-1200の肖像』表紙
細川克明『Technics SL-1200の肖像』表紙
細川克明『Technics SL-1200の肖像』より
細川克明『Technics SL-1200の肖像』より
細川克明『Technics SL-1200の肖像』より
細川克明『Technics SL-1200の肖像』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初