『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のんアフレコ&インタビュー映像

アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のインタビューおよびアフレコ映像、本予告編が公開された。

12月20日から公開される同作はこうの史代原作、片渕須直監督のアニメーション映画『この世界の片隅に』に、昭和19年秋から昭和20年春にかけてのエピソードを中心とした約30分間の新規映像を追加した新バージョン。監督を片渕須直、主人公・すずの声をのん、音楽をコトリンゴが続投する。

インタビューおよびアフレコ映像には、のん、遊郭で働くリンの声を演じた岩井七世が登場。約3年ぶりにすず役を演じたのんは「時を経て、同じ役に挑むことは初めての経験だったので緊張しましたが、スタジオでは監督とリン役の岩井さんと一緒に収録することができたので、すぐにすずを思い出せた気がします。今までのすずさんと違った一面もあるので、面白かったです」、岩井は「このような形でまた映画館で上映されるということで、本当に最良の形だと思いますし、台本と絵コンテが送られてきたときは、“やっとだ”という思いから涙が出ました」とそれぞれ語っている。

本予告編では、すずが描いた「あいすくりいむ」や「はっか糖」「わらび餅」の絵についてリンと笑いあう様子や、満開の桜の木を背にすずとリンが語りあう場面、すずが周作の部屋で「最後のページの一部が切り取られたノート」を発見するシーン、「周作さん、うちは何一つリンさんに敵わん気がするよ」というすずの声などが確認できる。


作品情報

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

2019年12月20日(金)からテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開
監督・脚本:片渕須直 原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社) 音楽:コトリンゴ 声の出演: のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 花澤香菜 澁谷天外 配給:東京テアトル
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のんアフレコ&インタビュー映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて