『光の記憶』展で『TRANSIT』が初の写真集を販売 ギャラリートークも

企画展『光の記憶 - Through our habitat』が本日10月27日から東京・新宿のBOOTLEG galleryで開催される。

2008年の創刊から100か国以上を旅してきたトラベルカルチャーマガジン『TRANSIT』が、初の写真集『TRANSIT THE PORTRAITS』『TRANSIT THE LANDSCAPES』を発売。人物篇と風景篇の2冊に分けて制作され、2019年までに発刊した全44号分の写真をセレクトして収録。それぞれ200ページを超える。

『光の記憶 - Through our habitat』では、展示に加え、『TRANSIT』で世界各地を旅してきたフォトグラファーらが旅や写真についてを語るギャラリートークを開催。10月27日は石塚元太良と津田直、10月29日は在本彌生と加治枝里子、11月3日は佐藤健寿と菱田雄介、11月4日はBOOTLEG galleryの尾原史和と『TRANSIT』編集長の林紗代香が登壇する。会場では、写真集の特装版と『TRANSIT THE PORTRAITS』『TRANSIT THE LANDSCAPES』を先行販売する。

なお『TRANSIT THE PORTRAITS』『TRANSIT THE LANDSCAPES』は11月11日から全国の書店で販売される。

イベント情報

『光の記憶 - Through our habitat』

2019年10月27日(日)~11月4日(月) 会場:東京都 新宿 BOOTLEG gallery 時間:11:00~19:00 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • 『光の記憶』展で『TRANSIT』が初の写真集を販売 ギャラリートークも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて