二宮健主催の上映企画『SHINPA』関西初開催 コンペ&ワークショップも

上映イベント『SHINPA vol.11 in OSAKA』が、2020年1月25日と1月26日に大阪・枚方 蔦屋書店で開催される。

二宮健監督を中心に2014年にスタートした『SHINPA』。これまでに『東京国際映画祭』とのコラボレーションや年越しカウントダウンオールナイト企画などを行なってきた。

関西初開催となる今回の上映作品は、過去5年間の『SHINPA』で取りあげられた作品から選出。行定勲監督の『うつくしいひと サバ?』や、白石和彌監督の『マンドリンの女』、『ベルリン国際映画祭』短編部門銀熊賞を受賞した和田淳監督のアニメーション作品『グレートラビット』、山下敦弘、深田晃司、松永大司、安川有果、前野朋哉、小林達夫らの未ソフト化作品、司会を担当する二宮健監督の『平成真須美 ラスト・ナイト・フィーバー』などがラインナップしている。監督、キャストによるトークも予定。

さらに初の試みとしてコンペティション部門を開催。12月15日まで作品を募集している。また両日にわたって俳優、映像制作者を対象としたワークショップを実施。講師は安川有果、近藤啓介、小林達夫、二宮健が務める。12月7日から12:00参加受付を開始。チケットの販売も同日12月7日12:00から枚方の蔦屋書店でスタートする。

イベント情報

『SHINPA vol.11 in OSAKA』

2020年1月25日(土)、1月26日(日) 会場:大阪府 枚方 蔦屋書店
1月25日上映作品: 『パリ、テキサス、守口』(監督:山下敦弘、向井康介) 『永遠の少女』(監督:安川有果) 『鳥(仮)』(監督:深田晃司) 『マンドリンの女』(監督:白石和彌) 『おとこのこ』(監督:松永大司) 『DAUGHTERS』(監督:二宮健) コンペティション部門作品 1月26日上映作品: 『春夫と亮二 第一話 河童』(監督:前野朋哉) 『グレートラビット』(監督:和田淳) 『It Girls: Anytime Smokin' Cigarette』(監督:小林達夫) 『うつくしいひと サバ?』(監督:行定勲) 『平成真須美 ラスト・ナイト・フィーバー』(監督:二宮健) 『即興映画製作 KCP』(監督:安川有果、近藤啓介) コンペティション部門作品 料金: 前売 1日券3,000円 通し券5,500円 当日 1日券3,500円 通し券6,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 二宮健主催の上映企画『SHINPA』関西初開催 コンペ&ワークショップも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて