『恵比寿映像祭』第2弾作家に高谷史郎、岩井俊雄、エキソニモ、時里充ら

2月7日から開催される『第12回恵比寿映像祭』の第2弾参加作家が発表された。

東京・恵比寿の東京都写真美術館および地域会場で展示、上映、ライブ、イベント、トークセッションなどを複合的に展開する『恵比寿映像祭』。今回のテーマは「時間を想像する」となり、「時間を記録する:新しいドキュメンタリー」「時間を表現する:ポストヒューマン」「イマジナリータイム(虚時間)」の3つの視点で構成される。

第2弾参加作家は、高谷史郎、時里充、木村友紀、エキソニモ、minim++、メルス・ファン・ズトフェン、真鍋博、岩井俊雄ら。さらに恵比寿ガーデンプレイス センター広場の屋外ドームに360度全方位の映像プログラム『ハナビリウム』が登場するほか、同時期に都内で開催される『未来の学校祭』『DIGITAL CHOC』『MEDIA AMBITION TOKYO』とのコラボ企画も行なわれる。詳細は『第12回恵比寿映像祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第12回恵比寿映像祭』

2020年2月7日(金)~2月23日(日・祝) 会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか
時間:10:00~20:00(最終日は18:00まで) 参加作家: シュウゾウ・アヅチ・ガリバー マーティン・バース スタン・ダグラス ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・ザニ グラダ・キロンバ 小森はるか+瀬尾夏美 三原聡一郎 ナム・ファヨン 小田香 アンナ・リドラー ベン・リヴァース アノーチャ・スイッチャーゴーンポン 多和田有希 グァン・シャオ 遠藤麻衣子 高谷史郎 時里充 木村友紀 エキソニモ minim++ メルス・ファン・ズトフェン 真鍋博 岩井俊雄 休館日:月曜 料金:無料(定員制プログラムは有料)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『恵比寿映像祭』第2弾作家に高谷史郎、岩井俊雄、エキソニモ、時里充ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて