『美術手帖』10年代アニメ特集に片渕須直、岩井俊二、たつき、AC部ら登場

特集記事「アニメーションの創造力」が1月7日発売の雑誌『美術手帖 2020年2月号』に掲載される。

同特集は、動画配信サービスによる視聴環境の多様化、他業界とのメディアミックス、グッズやゲームといったライツ事業の展開などを背景に、2010年代のアニメーション表現に起きた変化に迫るもの。「PART1」から「PART4」の4部構成となる。

「PART1 10年代の表現はどう変化したか?」では、片渕須直、ジェレミー・クラパン、ドン・ハーツフェルト、たつきへのインタビューや、同特集の監修を務めた土居伸彰と高瀬康司、石岡良治の鼎談を掲載。制作現場にフォーカスした「PART2 革新を支える制作技術」には、磯光雄と山下清悟の対談や、『Fate/Grand Order』の配信4周年記念映像のスタッフである榎戸駿、坂詰嵩仁、脇顯太朗、川上雄介への取材記事を収録する。

またインディペンデントで活動する作家に焦点を当てる「PART3 拡張・越境する次世代クリエイター」には、AC部、久野遥子と冠木佐和子、岩井澤健治、ミヒャエル・フライ、ギンツ・ジルバロディスに加えて、岩井俊二、梅沢和木、「PART4 環境と構造」には、『おそ松さん』のプロデューサー布川ゆうじと『スター☆トゥインクルプリキュア』のプロデューサー柳川あかりらが登場。なお同号の第2特集はダナ・ハラウェイとなっている。

書籍情報

『美術手帖 2020年2月号』

2020年1月7日(火)発売 価格:1,600円(税抜) 発行:美術出版社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『美術手帖』10年代アニメ特集に片渕須直、岩井俊二、たつき、AC部ら登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて