劇団子供鉅人が長尾謙一郎『ギャラクシー銀座』を舞台化 音楽はペンペンズ

劇団子供鉅人の舞台『ギャラクシー銀座』が11月25日から東京・下北沢の駅前劇場で上演される。

2005年に益山貴司、寛司兄弟を中心に結成された劇団子供鉅人。同公演は、長尾謙一郎の漫画『ギャラクシー銀座』を舞台化した作品で、益山貴司、益山寛司、うらじぬの、キキ花香、影山徹、億なつき、ミネユキ、古野陽大、益山U☆G、地道元春らが出演する。脚本・演出は益山貴司、音楽はオシリペンペンズ。

4月下旬にメインビジュアルや配役などを発表予定だ。

イベント情報

劇団子供鉅人特別公演
『ギャラクシー銀座』

2020年11月25日(水)~12月6日(日)
脚本・演出:益山貴司 原作:長尾謙一郎『ギャラクシー銀座』(小学館) 音楽:オシリペンペンズ 出演: 益山寛司 うらじぬの キキ花香 影山徹 億なつき ミネユキ 古野陽大 益山U☆G 地道元春 益山貴司 ほか
  • HOME
  • Stage
  • 劇団子供鉅人が長尾謙一郎『ギャラクシー銀座』を舞台化 音楽はペンペンズ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて