松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

auの新CM「au 5Gその手に」篇が本日3月30日から全国でオンエアされている。

au「三太郎」シリーズ「au 5Gその手に」篇では、5Gで実現される世界を体感するストーリーを展開。松田翔太演じるマツダ、桐谷健太演じるキリタニ、濱田岳演じるハマダが出演している。

CMでは、マツダがサッカースタジアムで臨場感溢れる体験をする様子や、キリタニが空を旋回する戦闘機や『攻殻機動隊』の多脚思考戦車「タチコマ」が高速道路を走り抜ける様を眺める姿、ハマダが盛り上がったライブ会場で柵を飛び越えるシーンなどが映し出されている。CMには3月31日に配信リリースされるSEKAI NO OWARIの新曲“Dropout”を起用。またSEKAI NO OWARIは、CM中のライブシーンにも登場している。

“Dropout”について、Fukase(SEKAI NO OWARI)は「今までの自分と、未来に対する自分のことを歌っていて、サビは今から進んでいく未来について歌っています。自分の地元の街にも変わっていくものと、変わらないものが景色として沢山あって、その場所を歩いているときに曲のメロディーが自分の中に降りてきました。ずっと育ってきた場所だけど、変わっていくもの、変わらないものが今の自分にすごくシンクロするなと思ったので。そういう自分の生きてきた人生みたいなものが詰まった楽曲になってるかなと思ってます」とコメント。同曲のジャケットには、Fukaseが描き下ろした油絵が使用されている。

SEKAI NO OWARIは7月に開催予定の東京・Zepp Haneda公演で、KDDIが始動させる5Gや先端テクノロジーを活用した「au 5G LIVE」という取り組みと共に、au 5Gを活用したステージ演出を実施する。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて