殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

映画『アングスト/不安』の予告編と場面写真が公開された。

7月3日から公開される同作は、1980年にオーストリアで実際に起きたヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー作品。刑務所出所後の殺人鬼が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を、殺人鬼自身のモノローグで綴る。主人公の「K.」役に『アンダーワールド』のアーウィン・レダーがキャスティング。監督を『アングスト/不安』を全額自費で製作したジェラルド・カーグル、音楽をクラウス・シュルツェ(ex.Tangerine Dream、Ash Ra Tempel)、撮影をズビグニュー・リプチンスキーが務めた。

カーグル監督の希望により、日本版予告編にのみ使用されたダンテ・アリギエーリの長編叙事詩『神曲 地獄篇』の「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ。」という一節から始まる予告編には、「17歳で母親を刺した」という言葉や、ある屋敷を訪れたK.が老婆に銃口を向ける様子、刑務所に収監されるシーン、女性に襲いかかる場面、血塗れの姿で車のハンドルを握る様子、ギャスパー・ノエの「映画の最も希少な未知の傑作だ」というコメントなどが確認できる。

場面写真にはK.が女性が刃物を咥える様や、血で汚れたK.の姿などが写し出されている。

作品情報

『アングスト/不安』

2020年7月3日(金)からシネマート新宿ほか全国で順次公開
監督:ジェラルド・カーグル 音楽:クラウス・シュルツェ 出演: アーウィン・レダー シルヴィア・ラベンレイター エディット・ロゼット ルドルフ・ゲッツ 上映時間:87分 配給:アンプラグド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて