新型コロナ禍で働く77人の日記集『仕事本』 尾崎世界観、町田康ら寄稿

書籍『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』が6月17日に刊行された。

新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が発令された4月、「働く人々」がどのように日々を過ごしていたのかを綴った同書。「売る」「運ぶ」「闘う」「率いる」「添う」「描く」など全12項目で構成され、タクシー運転手、スーパーの店員、ごみ清掃員、映画館副支配人、教師、介護士、葬儀社スタッフ、ホストクラブ経営者など総勢77人の日々の記録を収録している。巻末には4月1日から30日までの出来事を追った「コロナ年表」が付属。

執筆陣は尾崎世界観、町田康、花田菜々子、ハイパーミサヲ、瀧波ユカリ、ヤマシタトモコ、温又柔、浅生鴨、佐藤文香、清田隆之、川本三郎、高草木陽光、星野概念、轡田隆史、山下敦弘、天真みちる、北村明子、立川談四楼、内沼晋太郎、鏡リュウジら。大橋裕之による描き下ろし漫画も収録されている。

書籍情報

『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』

2020年6月17日(水)発売
著者:尾崎世界観、町田康、花田菜々子、ハイパーミサヲ、瀧波ユカリ、ヤマシタトモコ、大橋裕之、温又柔、浅生鴨、佐藤文香、清田隆之、川本三郎、高草木陽光、星野概念、轡田隆史、山下敦弘、天真みちる、北村明子、立川談四楼、内沼晋太郎、鏡リュウジ、ほか 価格:2,000円(税抜) 発行:左右社
  • HOME
  • Book
  • 新型コロナ禍で働く77人の日記集『仕事本』 尾崎世界観、町田康ら寄稿

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて