『一度も撃ってません』初日決定 コロナ感染防止を呼びかけるマナー映像も

阪本順治監督の映画『一度も撃ってません』の公開日が7月3日に決まった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開延期となっていた同作の主人公は、昼はハードボイルド気取りだが頼りない小説家、夜は「一度も人を撃ったことがない」伝説の殺し屋・サイレントキラーという2つの顔を持つ74歳の市川進。「御前零児」名義でハードボイルド小説を書き続ける市川進は、リアリティーを求めるあまり殺しの依頼を受けて暗殺の状況を取材していたが、やがて敵のヒットマン周雄から命を狙われ、妻に浮気を疑われるようになるというあらすじだ。原稿が全く採用されない時代遅れの作家・市川進に主演の石橋蓮司がキャスティング。

阪本監督は「やっとの公開です。撮影はおととしです。いきすぎたグローバリズムの時代に、昭和のたたずまいをよしとして撮りあげた作品です。この状況下での上映となり、まったく意図せぬ感想がうまれそうです。懐かしさより、いつかこんなありさまが、ふざけたような遊び心が、あらためて懇求されるような、新しい日常のその次の日常がこんな風景となってくれればいいなあと、おこがましくも思ってしまいます。懐古的ではなく未来図として。メジャー系も、最も苦境に喘ぐ独立系の映画館も、やれるかぎりの防疫策をとり、みなさんをお待ちしています。映画界の踏ん張りは続きますが、少しずつ映画は銀幕に戻ってきます。アートで心の栄養を!」とコメント。

今回の発表とあわせて映画オリジナルのマナー映像が公開。本編映像を使用したマナー映像には、「検温しよう」「手を洗おう」「ソーシャルディスタンス」など、新型コロナウイルス感染防止を呼びかける内容となっている。

作品情報

『一度も撃ってません』

2020年7月3日(金)からTOHOシネマズ日比谷、新宿武蔵野館ほか全国で公開
監督:阪本順治 脚本:丸山昇一 出演: 石橋蓮司 大楠道代 岸部一徳 桃井かおり 佐藤浩市 豊川悦司 江口洋介 妻夫木聡 新崎人生 井上真央 柄本明 寛 一 郎 前田亜季 渋川清彦 小野武彦 柄本佑 濱田マリ 堀部圭亮 原田麻由 配給:キノフィルムズ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『一度も撃ってません』初日決定 コロナ感染防止を呼びかけるマナー映像も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて