配信企画「深夜文学」始動 第1弾で石崎ひゅーいが『銀河鉄道の夜』朗読

有料配信企画「深夜文学」がスタートする。

同企画は、新型コロナウイルスの影響による孤独感やストレスをエンターテインメントの力で解消することを目的としたもの。今後、様々なジャンルで活動する出演者が登場し、文学作品を朗読する。

第1弾では、石崎ひゅーいが宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を朗読。孤独な少年ジョパンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語となる。第1夜は7月19日22:00、第2夜は7月26日22:00、第3夜は8月2日22:00からStreaming+で配信。収録配信となる。アーカイブは8月9日17:00まで視聴可能。

チケットは7月10日18:00からイープラスで販売。視聴券は700円、グッズ付き視聴券は3000円となる。グッズはブックカバー、しおりを予定。

  • HOME
  • Book
  • 配信企画「深夜文学」始動 第1弾で石崎ひゅーいが『銀河鉄道の夜』朗読

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて