秋山佑太、中島晴矢、トモトシによる『芸術競技』展がFL田SHで開催

展覧会『芸術競技』が7月24日まで東京・外苑前のFL田SHで開催される。

ピエール・ド・クーベルタンによって生まれた「芸術競技」は、かつてオリンピックの種目として採用されていた公式競技。絵画などの芸術自体を競い合うという内容で、1912年の『ストックホルムオリンピック』から1948年の『ロンドンオリンピック』まで計7回行なわれたが、数値化の難しさやプロフェッショナルアーティストの参加によるアートフェア化などの問題によって種目から除外された。

吉田山が企画し、芸術競技展示製作委員会と西田編集長が協力した『芸術競技』展には、秋山佑太、中島晴矢、トモトシの3人が参加。秋山佑太は発酵食品と培養土、コンクリートと3Dプリンタによる新作のインスタレーションを制作する。中島晴矢の非接触の象徴であるコンドームによるオリンピックシンボルを模した作品や、世界情勢をビジュアル化した国旗シリーズの新作、芸術内に潜むスポーツ性を想起させるプロレスパフォーマンス映像を発表。トモトシは棒高跳び用のポールを埼玉から新国立競技場まで電車で運ぶ行為を記録したビデオ作品を展示。メインビジュアルは金田金太郎が担当した。『東京オリンピック』の当初の開幕予定日であり、同展の会期最終日となる7月24日には「オープニングセレモニー」が実施される。

なお、会場となるFL田SHが入居しているビルは、『東京オリンピック』による再開発の影響で取り壊される予定とのこと。

イベント情報

『芸術競技』

2020年7月8日(水)〜7月12日(日)、7月15日(水)~7月19日(日)、7月22日(水)~7月24日(金・祝) 会場:東京都 原宿 FL田SH 時間:水〜金曜15:00~20:00、土、日曜、祝日14:00~20:00
参加作家: 秋山佑太 中島晴矢 トモトシ
  • HOME
  • Art,Design
  • 秋山佑太、中島晴矢、トモトシによる『芸術競技』展がFL田SHで開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて