藤田貴大の初小説集『季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛』刊行

藤田貴大の小説集『季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛』が7月15日に刊行される。

演劇ユニット・マームとジプシーを主宰する藤田貴大。2011年に『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞したほか、著書に『おんなのこはもりのなか』などがある。

『季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛』は藤田にとって初の小説集。宮沢氷魚と村田沙耶香がそれぞれ「一行目から藤田さんの壮大な世界に誘われ吸い込まれていく、不思議感覚を覚えました」「言葉と言葉が不思議な出会いをし、重なり、破裂し、見たことのない情景を紡いでいく。奇妙に腑に落ちる不可解は特別な中毒性があり、何度もその中へ落ちていきたくなる」とコメントを寄せている。

書籍情報

『季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛』

2020年7月15日(水)発売 著者:藤田貴大 価格:1,870円(税込) 発行:河出書房新社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 藤田貴大の初小説集『季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛』刊行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて