三谷幸喜×香取慎吾『誰かが、見ている』に稲垣吾郎が演歌歌手役で出演

Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』に稲垣吾郎が出演することがわかった。

9月18日からAmazon Prime Videoで配信される同作は、演出・脚本の三谷幸喜と、主演の香取慎吾によるプロジェクトにAmazonが企画から参加、製作する日本オリジナルドラマシリーズの第1弾。何をやっても予想もしない失敗を繰り返す主人公・舎人真一と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活を覗き見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心としたシチュエーションコメディーとなる。出演者は香取慎吾に加えて、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ。

稲垣吾郎は、海外にまでファンがいる演歌歌手・レッツ大納言役で出演。今回の発表とあわせて公開された場面写真には、舎人真一の大ファンになったレッツ大納言が舎人を訪ねてくるシーンが写し出されている。香取慎吾と稲垣吾郎が役者として共演するのは、2013年に放送された三谷幸喜脚本、演出の『「古畑 VS SMAP」その後・・・』以来、約7年ぶりになるという。

香取慎吾は「吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でしたね」、稲垣吾郎は「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしているときの彼とは違うので、面白かったし、嬉しかったです」とコメント。また佐藤二朗は「おそらく外からでは想像もつかないような強い絆や、ご両人だけの長い歴史があると思います。『ああ、二人の掛け合いがこんな近くで見られるなんてラッキーだな』と感じていました」と撮影を振り返っている。

番組情報

『誰かが、見ている』

2020年9月18日(金)にAmazon Prime Videoで配信
演出・脚本:三谷幸喜 出演: 香取慎吾 佐藤二朗 山本千尋 長野里美 宮澤エマ 稲垣吾郎
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 三谷幸喜×香取慎吾『誰かが、見ている』に稲垣吾郎が演歌歌手役で出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて