『映画秘宝』で『TENET』&クリストファー・ノーラン監督特集

雑誌『映画秘宝 10月号』が本日8月21日に刊行された。

巻頭特集は「クリストファー・ノーラン映画入門!&『ダークナイト』トリロジー武装図鑑」。9月18日公開のクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』をはじめ、「時間」をテーマにし続けてきたノーラン監督のフィルモグラフィーや、9月18日刊行の『メイキング・オブ・TENET テネット』を監修した神武団四郎の記事、ギンティ小林による『ダークナイト』シリーズの武装デザインの変遷を収録する。

第2特集は、書籍『女帝 小池百合子』の妄想映画化企画会議。小林勇貴、佐藤佐吉、奥山和由が参加している。さらにロイド・カウフマン、行定勲、原田眞人、坂口拓、『ザ・ボーイズ』主演者へのインタビューなども掲載。

書籍情報

『映画秘宝 10月号』

2020年8月21日(金)発売 価格:1,200円(税別) 発行:双葉社
  • HOME
  • Book
  • 『映画秘宝』で『TENET』&クリストファー・ノーラン監督特集

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて