Yo La Tengoが奈良美智と共同で選曲 EP『Sleepless Night』リリース

Yo La Tengoの新作EP『Sleepless Night』の12インチアナログ盤が、10月9日にリリースされる。

新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中にアルバム「We Have Amnesia Sometimes」をリリースし、配信でのチャリティーライブの敢行やMatadorが発足したリイシュープロジェクト「Revisionist History」の一環で『Electr-o-pura』のリマスター再発を予定しているYo La Tengo。

『Sleepless Night』は、アメリカ・ロサンゼルスのカウンティ美術館で行なわれる奈良美智の展覧会の限定カタログに提供した楽曲を収録したもの。オリジナルの新曲“Bleeding”やThe Byrdsのカバー曲“Wasn’t Born to Follow”、ロニー・レーンのカバー曲など全6曲を収録。収録曲はYo La Tengoと奈良美智が共同で選曲した。アートワークは奈良美智が担当。A面に楽曲を収録、B面はメンバーのジェームズによるイラストが施されたエッチング仕様となる。2500枚限定生産。

アイラ・カプランのコメント

奈良美智さんと会ったのは2003年で、奈良さんの個展や、僕たちのコンサートで彼に会うようになった。僕たちはアジアソサエティのオープニングでDJをしたり、奈良さんはジョージアが私の首を絞めている絵をグルーミーのペンケースに描いてくれたこともありました。そのペンケースはシェパーズ・ブッシュのK-Westホテルのバーで盗まれるまでジョージアの自慢の品の1つだったんだ。2020年のLACMAでの展示会の奈良さんカタログをよりパーソナルなものにするために、彼の好きな曲をLPに収録してそれをデラックス版にするという案があった。私たちはLPの片面(1曲は新曲)を提供し、もう片面は奈良さんがセレクトした6曲をオリジナル・バージョンで収録することになった。ではそのLACMA用レコードに提供した、奈良さんと一緒に選んだ6曲をご紹介します。

私はおそらくNRBQのLP『Workshop』で「Blues Stay Away from Me」を初めて聴き、そこから、ルービン・ブラザーズやデルモア・ブラザーズへと遡っていった(ダグ・サーム・アンド・バンドへの寄り道もあった)。僕たちのバージョンは、2011年2月にマーク・ネヴァースが録音したもの。チャーリー・ルービンがその数日前に亡くなっていた。僕たちはウィリアム・タイラーとツアーをしていて、ツアーはナッシュビルで終了した。僕たちバンドと、ウィリアムとカート・ワグナーで「Blues Stay Away from Me」をトリビュートとしてアレンジして、Exit/Inで演奏してライヴを締めくくった。自宅に戻るまで数日間ナッシュビルに滞在していたから、マークのスタジオに行って曲をレコーディングしたんだ。

「Wasn't Born to Follow」は、『Stuff Like That There』を生み出したセッションの一部としてジーン・ホルダーによって録音された。リード・ギターはデイヴ・シュラム。初めてザ・バーズの曲を聴いたのは確か、母が僕や大勢の友人たちを連れて「イージー・ライダー」を観に行った時だった。(一人の子供は、僕の弟と同様、その映画を観ることを親に禁止されて一緒に来れなかった。父は弟を連れて代わりに「明日に向って撃て!」を観に行き、友人はおそらく家で宿題をしていたのだろう。)

「Roll On Babe」を作曲したのはロニー・レーンではないが、僕たちがカバーしているのは彼のバージョンだ。ジェイムズがホーボーケンで録音した。(この曲は、アジアソサエティでDJをした時にジョージアがかけた曲の1つだった。)

ナッシュビルで僕たちが『And Then Nothing Turned Itself Inside-Out』を制作している時に、ロジャー・ムテノはジョン・ピールのバースデー番組のためにディランの「It Takes Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry」を録音した。僕たちの知る限りでは、唯一無二のマスター版をイギリスに送ってしまったらしい。そう、僕たちも、君たちと同じように、むしろそれ以上に唖然としているよ。いろいろと詮索した結果、この曲にたどり着いた。

「Bleeding」は僕たちが作曲して、ジェイムズがホーボーケンで録音した。

また、ジェイムズはマイケル・シェリーの「Super Hit Tsunami!」のためにザ・フライング・マシンの「Smile a Little Smile for Me」をレコーディングしていて、この曲はWFMUの2019年募金マラソンに寄付をしてくれた人が入手可能となっている。

リリース情報

Yo La Tengo
『Sleepless Night』(12インチアナログ盤)

2020年10月9日(金)発売 価格:2,200円(税抜) OLE1509T
1. Blues Stay Away(The Delmore Brothers cover) 2. Wasn’t Born to Follow(The Byrds cover) 3. Roll On Babe(Ronnie Lane cover) 4. It Takes a Lot to Laugh(Bob Dylan cover) 5. Bleeding(Original track) 6. Smile a Little Smile for Me(The Flying Machine cover)
  • HOME
  • Music
  • Yo La Tengoが奈良美智と共同で選曲 EP『Sleepless Night』リリース

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて