二宮健らによるSHINPAのオンライン連載企画「JUNK LOUNGE」が始動

SHINPAによるオンライン連載企画「JUNK LOUNGE ~映画を、語る~」が、本日9月8日からnoteで始動した。

二宮健を中心に2014年にスタートしたSHINPA。これまでに『東京国際映画祭』とのコラボレーションや年越しカウントダウンオールナイト企画などを行なっており、今年5月には24人の監督によるプロジェクト「SHINPA the Satellite Series #2 在宅映画制作」を実施した。

「JUNK LOUNGE ~映画を、語る~」は2週間に1本の更新ペースで「CONNECTING FILMMAKER」「RADIO JUNK LOUNGE」「JUNK NOVEL PROJECT」などの企画を同時進行で連載予定。

「CONNECTING FILMMAKER」は映画関係者のインタビューやSHINPAチームとの
対談企画。SHINPAイベント内で行なっている基調講演シリーズ『現代映画の動向』の完全収録などを掘り下げる。第1回は今年2月に開催され、深田晃司が登壇した『SHINPA vol.12』での講演をピックアップ。

「RADIO JUNK LOUNGE」は二宮健と小林達夫がパーソナリティー、松田直樹が聞き手を担当するウェブラジオ。関わっている映画やアイデア、おすすめ映画などについて雑談形式で語る。「JUNK NOVEL PROJECT」は二宮健が「JUNK小説家」を目指すプロジェクト。毎回ラジオでタイトルを決定し、1週間後に短編小説をアップする。

二宮健のコメント

こんにちは、映画監督の二宮健です。この度、新プロジェクト「JUNK LOUNGE」をはじめます。映画上映企画「SHINPA」が、noteの場を借りて、すなわちweb上で出来ることを、どんどんやっていこう、と仕掛けていくプロジェクトです。
時代に寄り添うべきところは積極的にしていくためにも、自分が作品を発表し、次の作品を世に出せるまでのインターバルをしっかり中継出来て、誰でもアクセスできる場所で共有したい。そんな思いから、「JUNK LOUNGE」をはじめることにしました。ここで、いろいろ試み、たくさん発信していきます。
時にふざけ倒しているような瞬間も出てくると思いますが、映画についてストイックに考えていることから、noteの記事だからこそ共有したい小ネタまで、いろんな監督たちの手を借りながら、発信していこうと思います。
それでは、真面目な話はひとまずここまでにして、映画にまつわるジャンクなラウンジスペース=JUNK LOUNGEで、心ゆくまでくつろいでいってくださいませ!よろしくどうぞ!

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 二宮健らによるSHINPAのオンライン連載企画「JUNK LOUNGE」が始動

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて