書籍『日本人建築家が建てた、海外の美しい建築』に安藤忠雄、田根剛ら

書籍『日本人建築家が建てた、海外の美しい建築』が10月19日に刊行された。

同書では日本の建築家が建てた海外の「美しい建築」を紹介。コンクリートにパルマ椰子製の屋根を乗せた安藤忠雄によるメキシコの文化複合施設「カーサ・ワビ」をはじめ、田根剛による場所の記憶を未来に繋げるというコンセプトの「エストニア国立博物館」、伊東豊雄による人間の身体のように見える建築物「台中国家歌劇院」、藤本壮介らによる全戸からバルコニーの枝が伸びる集合住宅「ラルブル・ブラン」など美術館、博物館、劇場、高層ビル、社屋、スタジアム、集合住宅、邸宅、学校といった55の建築物が収録される。

書籍情報

『日本人建築家が建てた、海外の美しい建築』

2020年10月19日(月)発売 価格:1,850円(税抜) 発行:パイ インターナショナル
  • HOME
  • Book
  • 書籍『日本人建築家が建てた、海外の美しい建築』に安藤忠雄、田根剛ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて