鈴木康広『ファスナーの船』が隅田川で航行 10月31日から11月8日まで

アート企画『Opening the River ー ファスナーの船』が10月31日から始動。鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川で航行する。

「隅田川」「北斎」をテーマに据えた企画を実施中のアートプロジェクト『隅田川 森羅万象 墨に夢』。同プロジェクトの一環として航行する『ファスナーの船』は、鈴木康広が飛行機の窓から東京湾を見下ろした際に、海を進む船と航跡がファスナーで海を開いているように見えたことから着想した作品で、2018年に初めて隅田川で航行した。今回は10月31日から11月8日まで運行する予定だ。

『隅田川 森羅万象 墨に夢』の特集ページでは、ドローン空撮による映像公開や、隅田川を走る『ファスナーの船』の写真を募るなど、ウェブギャラリーを展開していくという。空撮映像の撮影と編集は渡邉秋男、音楽は蓮沼執太が手掛けた。

  • HOME
  • Art,Design
  • 鈴木康広『ファスナーの船』が隅田川で航行 10月31日から11月8日まで

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて