日本各地の文化を表現したメディア芸術作品展示『CULTURE GATE to JAPAN』

文化庁による文化発信プロジェクト『CULTURE GATE to JAPAN』が2月から全国7空港と東京国際クルーズターミナルでスタートする。

同プロジェクトでは、メディア芸術のフィールドで活動するアーティストやクリエイターが、各地域の風土が育んだ文化資源を題材にしたアート作品を展示し、日本文化の魅力を発信。

新千歳空港では「INVISIBLE」をテーマにNAKED, INC.が口頭伝承されてきたアイヌ語やアイヌ文化を「音」で感じられる作品を展示。「MOTION」がテーマの中部国際空港では重田佑介、ユーフラテスが中部地方の戦国時代の侍、忍者をモチーフに「動き」に注目した作品を展示する。

福岡空港では「PATTERN」をテーマに、水江未来、村山誠が有田焼や薩摩焼、博多織などに施された「文様」にインスパイアされた作品を展示。「MEMORY」をテーマにした那覇空港では、ぬQ、比嘉了が琉球王国の「記憶」を現代に接続する作品を展示する。

「VISION GATE」がテーマの東京国際(羽田)空港と成田国際空港では、パオラ・アントネッリをキュレーターに迎え、日本文化に通底する「VISION」を感じさせるアート作品を展示。参加アーティストは後日発表される。

関西国際空港では「LIFE」をテーマに8人の漫画家が8つのエリアに区切られた関西地方のそれぞれの地域の自然との共生の中で育まれた文化を壁画として制作。参加アーティストは後日発表される。

東京国際クルーズターミナルのテーマは「Back TOKYO Forth -東京は過去と未来でできている-」。井口皓太、上野千蔵、梅沢英樹+佐藤浩一、津田道子、藤倉麻子、Synesthesia Labが作品を制作するほか、制作過程が動画配信される。ディレクターは齋藤精一(パノラマティクス)、キュレーターは畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC])。

展示に先立ち、オフィシャルサイトをオープン。作品のオンライン展示のほか、制作に至るまでのリサーチの様子や制作のプロセスを伝えるコンテンツを通じて日本文化の魅力を紹介していく。

関連リンク

  • HOME
  • Art/Design
  • 日本各地の文化を表現したメディア芸術作品展示『CULTURE GATE to JAPAN』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて