ニュース

大泉洋&柳楽優弥『浅草キッド』に門脇麦、ナイツ土屋伸之、鈴木保奈美ら

土屋伸之、門脇麦、鈴木保奈美
土屋伸之、門脇麦、鈴木保奈美

劇団ひとり監督、脚本のNetflix映画『浅草キッド』の新キャストが発表された。

今冬に配信される同作は、ビートたけしが作詞、作曲した楽曲“浅草キッド”と自叙伝『浅草キッド』を原作とした作品。昭和40年代の東京・浅草を舞台に、大学を中退して「ストリップとお笑いの殿堂」と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込んだタケシが、深見千三郎に弟子入りし、個性と才能に溢れる仲間たちと出会い、やがて「ビートたけし」となるまでを描く。主演は大泉洋と柳楽優弥。大泉洋はビートたけしや東八郎、萩本欽一らを育てた「幻の浅草芸人」深見千三郎役、柳楽優弥は芸人としての成功を夢見て修行に励むタケシ役を演じる。

新たに出演が発表されたのは、門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美、尾上寛之、風間杜夫ら。

門脇麦はタケシと共に夢を追いかける浅草フランス座の踊り子・千春役、映画初出演となる土屋伸之は、のちにタケシとツービートを結成することになるキヨシ役、鈴木保奈美は深見と共にフランス座を守る麻里役、尾上寛之はいち早くテレビに進出し人気を博している深見の弟子・東八郎役、風間杜夫は劇場経営者として深見や麻里と深い親交があるタカラ座社長・田山淳役を演じる。

門脇麦のコメント

監督の作品への愛情の深さと熱量が常に静かにひしひしと充満し、緊張感と多幸感で爆発しそうな撮影期間でした。
国境を超えて多くの方の胸に刺さる作品になるのではないかと、今から楽しみで仕方ありません。

土屋伸之(ナイツ)のコメント

自分には場違いな映画撮影の現場でとても不安でしたが、監督はじめ共演者スタッフの皆さんが浅草芸人の事を愛情持って深く理解してくれていたので、まさしく僕たちが体感してきた「人情」を同じ様に感じられる現場でした。すごく幸せでした。そして改めて、映画になる漫才師・ツービートの偉大さを思い知りました。
初めてたけしさんにお会いした時に、「舞台で漫才し続ける事がこれからは1番大事になって来るよ」と嬉しい激励のお声をかけて下さいました。その言葉をただひたすら信じてここまでやって来ました。本当に感謝しています。

鈴木保奈美のコメント

劇団ひとり監督の、ビートたけしさんへの愛、尊敬、憧れ。絶対に撮りたいイメージ。口数少なく、しかし決して諦めない監督の思いを実現しようとチームが一致団結して撮影に臨む、あたたかく優しく純粋な現場でした。
『浅草キッド』への出演が決まった翌週にテレビ局でビートたけしさんにお目にかかる機会がありました。ご挨拶するのが精一杯でしたが、限りない優しさと少年のようなチャーミングさを感じ、原作の味わいがなお深まりました。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察