映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』主題歌はいきものがかり新曲、特報公開

三池崇史監督の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の主題歌をいきものがかりが手掛けることがわかった。

今夏公開予定の同作は、1968年からの「大映の妖怪三部作」、2005年の神木隆之介主演映画『妖怪大戦争』に続く「妖怪大戦争」シリーズ。フォッサマグナに眠る古代の化石たちが1つに結集し、巨大な妖怪獣へと姿を変えて東京へと向かう中、突如選ばれた伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ埼玉・所沢の小学生・渡辺兄と妖怪たちが大冒険を始めるというあらすじだ。数奇な運命に導かれ、世界の存亡をかけた戦いに臨む主人公・渡辺兄役に寺田心、兄を取り巻く狐面の女役に杉咲花、狸の総帥・隠神刑部役に大沢たかおがキャスティング。

主題歌に起用されたのは、3月31日リリースのニューアルバム『WHO?』に収録される新曲“ええじゃないか”。オファーを受けた水野良樹(いきものがかり)が歌詞と曲を書き下ろし、近藤隆史と田中ユウスケが編曲を担当した。

今回の発表とあわせて“ええじゃないか”を使用した新たな特報映像が公開。鎧をまとった渡辺兄が剣を構える姿や、隠神刑部が腹太鼓を鳴らすシーンなどが映し出されている。

作品情報

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』

2021年夏公開
監督:三池崇史 脚本:渡辺雄介 主題歌:いきものがかり“ええじゃないか” 音楽:遠藤浩二 出演: 寺田心 杉咲花 猪股怜生 安藤サクラ 大倉孝二 三浦貴大 大島優子 赤楚衛二 SUMIRE 岡村隆史 遠藤憲一 石橋蓮司 柄本明 大森南朋 大沢たかお 配給:東宝、KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』主題歌はいきものがかり新曲、特報公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて