草彅剛主演の舞台『家族のはなし』が5月にKAAT神奈川芸術劇場で上演

草彅剛主演の舞台『家族のはなし』が、5月14日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場で上演される。

同公演は、昨年の5月に京都・京都劇場で上演された『家族のはなし PART1』の東京公演。広告界で活動する中治信博の別名義・淀川フーヨーハイと武尾秀幸の別名義・あべの金欠が所属する劇団・満員劇場御礼座の短編「わからない言葉」「笑って忘れて」を「草彅剛版」として上演する。作・演出はそれぞれ淀川フーヨーハイ、あべの金欠が担当。当初は、昨年4月から5月にかけての公演を予定していたが、新型コロナウイルスの影響により中止となっていた。

草彅剛、小西真奈美、畠中洋、小林きな子が出演するほか、新たに羽場裕一が出演する。

イベント情報

『家族のはなし』

2021年5月14日(金)~5月30日(日) 会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場
作・演出:淀川フーヨーハイ、あべの金欠 出演: 草彅剛 小西真奈美 畠中洋 小林きな子 羽場裕一 料金:S席10,000円 A席8,000円 車イス席10,000円
  • HOME
  • Stage
  • 草彅剛主演の舞台『家族のはなし』が5月にKAAT神奈川芸術劇場で上演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて