indigo la Endのアルバム『夜行秘密』をカツセマサヒコが小説化、7月刊行

indigo la Endとカツセマサヒコとのコラボレーション小説『夜行秘密』が7月に刊行される。

同書には、『明け方の若者たち』で知られるカツセマサヒコが、indigo la Endのアルバム『夜行秘密』収録曲14曲をベースに綴った14編のラブストーリーを収録。現代を生きる男女7人が、迷い、悩み、決断をしては傷つき合う恋と現実の理不尽さが描かれる。刊行は双葉社から。

カツセマサヒコのコメント

indigo la Endのアルバム『夜行秘密』の全14曲を、一冊の小説に書き下ろしました。
前作『明け方の若者たち』から一年。自分ひとりでは決してたどり着けなかった物語の世界に、indigo la End が連れていってくれました。
この物語が、誰かの特別になることを願っています。

川谷絵音(indigo la End)のコメント

indigo la Endの音楽は小説的だと今まで何度も言われたことがありましたが、ようやく夜行秘密という作品で実現しました。
カツセさんが書く夜行秘密はどんなものになるのか、僕も楽しみです。

書籍情報

『夜行秘密』

2021年7月発売予定 著者:カツセマサヒコ 価格:1,540円(税込) 発行:双葉社
  • HOME
  • Book
  • indigo la Endのアルバム『夜行秘密』をカツセマサヒコが小説化、7月刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて