坂東祐大によるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の音楽集がリリース

坂東祐大の音楽集『Towako's Diary – from “大豆田とわ子と三人の元夫”』が6月9日にリリースされる。

カンテレ、フジテレビ系全国ネットで放送中の連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』は坂元裕二によるオリジナル作品。松たか子演じるバツ3の大豆田とわ子が、松田龍平、角田晃広(東京03)、岡田将生演じる3人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘する姿を描く。米津玄師のアルバム『STRAY SHEEP』の共同編曲などで知られる坂東祐大が音楽を担当。

『Towako's Diary – from “大豆田とわ子と三人の元夫”』には、メインテーマ“#まめ夫 序曲 ~「大豆田とわ子と三人の元夫」”をはじめ、“Ils parlent de moi feat. マイカ・ルブテ”“Attachments feat. LEO今井”“All The Same feat. グレッチェン・パーラト, BIGYUKI”を含む全27曲を収録予定。そのほかの参加アーティストには須川崇志(Ba)と林正樹(Pf)と石若駿(Dr)からなるBanksia Trio、坂東が主宰するEnsemble FOVE、鈴木大介(Gt)、上野耕平(Sax)らが名を連ねる。

坂東祐大のコメント

坂元裕二さんの脚本から多くのインスピレーションをいただき、プロデューサーの佐野亜裕美さんとのクリエイティブで楽しい打ち合わせを重ねた結果、自分でも予想外の刺激的な音楽が次々に生まれました。
お馴染みのEnsemble FOVEはもちろん、グレッチェン・パーラト、BIGYUKI、マイカ・ルブテ、LEO今井、Banksia Trioをはじめとした素晴らしいミュージシャンの方々に参加していただき、大変豪華な音楽集になりました。
音楽を通し、皆さんにとわ子の日常を追体験していただけたら嬉しいです。

佐野亜裕美のコメント

今回、坂東さんにドラマの音楽をお願いすることになり、通常のドラマ作りでは考えられない、綿密で濃密でとても刺激的な打ち合わせを重ねました。
曲の断片ができてくるたびに脚本の坂元さんと小躍りしたり涙したりし、この音楽がかかるシーンを素晴らしいものにしたいという気持ちが制作の糧になっていました。
劇伴という枠組みを超えて、本当に素晴らしい曲がこれでもかというほどできあがり、幸せな気持ちでいっぱいです。
どうかこの曲が多くの皆様のもとに届きますように。

リリース情報

坂東祐大
『Towako's Diary – from “大豆田とわ子と三人の元夫”』

2021年6月9日(水)発売 価格:3,300円 COCQ-85525
・#まめ夫 序曲 〜「大豆田とわ子と三人の元夫」 ・Ils parlent de moi feat. マイカ・ルブテ ・Attachments feat. LEO今井 ・All The Same feat. グレッチェン・パーラト, BIGYUKI ほか全27曲収録予定
  • HOME
  • Music
  • 坂東祐大によるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の音楽集がリリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて