ニュース

ドキュメンタリー『裏ゾッキ』公開 アップリンク渋谷の最後の新作興行作品

『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会

映画『裏ゾッキ』が5月14日から東京・アップリンク渋谷、大阪・伏見ミリオン座、愛知・刈谷日劇ほか全国で順次公開される。

同作は、竹中直人、山田孝之、齊藤工監督が大橋裕之の漫画『ゾッキA』『ゾッキB』を実写化した映画『ゾッキ』の制作の舞台裏を記録したドキュメンタリー。昨年1月の撮影準備から4月の全国公開、撮影地の愛知・蒲郡での凱旋上映までの約500日間が切り取られており、映画が来たことで大騒ぎになる町、奮闘する市民の姿や、コロナ禍の緊急事態宣言下における人々の困惑と葛藤などが映し出されている。

出演者は「蒲郡市の皆さん」をはじめ、竹中直人、山田孝之、齊藤工ら。『ゾッキ』出演者の松井玲奈がナレーターを担当している。音楽を重盛康平が担当し、主題歌に竹原ピストル“全て身に覚えのある痛みだろう?”が起用された。撮影、編集、監督を篠原利恵が務めた。

予告編では、竹中、山田、齊藤らが撮影に挑む様子や、「ジョッキ? ニョッキ?」と聞き返す人物の姿、「全日休館」の貼り紙が貼られた建物、竹中の「まさか、とんでもないものが押し寄せてくるなんて思ってもいなかった」、齊藤の「エンターテイメントに、その孤独を救ってもらったし」、山田の「いらないものなんかない」という言葉などが確認できる。

「いま、映画は必要なのか」をテーマとした同作は、5月20日に閉館するアップリンク渋谷の最後の新作興行作品。アップリンク渋谷、伏見ミリオン座、刈谷日劇から『ゾッキ』との交互上映がスタートする。伊藤主税、山田孝之プロデューサーは2019年10月にアップリンク渋谷で藤井道人監督『デイアンドナイト』と、その舞台裏を捉えた牧有太監督『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY No Pain, No Gain』の交互上映イベントを行なっており、『裏ゾッキ』の企画は同イベント内で生まれたとのこと。

伊藤主税プロデューサー(andpictures)のコメント

僕らだけでなく、映画人にいつも寄り添い続けてくれたアップリンク渋谷が閉館すると伺い、多くのクリエイティブに関わる方々が心を痛めた事と思います。今後の我々の映像文化の発信に大きな影響がある事は間違いないです。しかし、僕らは映像文化の発信を止めてはいけない。
何故なら“映画は必要だと思うから”。

映画「裏ゾッキ」は“いま、映画は必要なのか”をテーマに映画「ゾッキ」の制作過程の裏側、500日を篠原利恵監督が愛情持って切り取ったドキュメンタリー映画です。映画「裏ゾッキ」と「ゾッキ」の交互上映で、映画が出来る経過と結果を同時に届けさせて頂き、“映画や映画制作がもたらすもの”を受け取って頂ければ幸いです。

アップリンク渋谷、伏見ミリオン座、刈谷日劇を皮切りに、ミニシアター中心に全国50館拡大を目標に交互上映をスタートさせて頂きます。作品を通じて物作りや作品に対する想い、もはや意地みたいなものを伝えさせて頂きます。アップリンク渋谷と過ごした時間を次に繋げていく為に。

『裏ゾッキ』ポスタービジュアル ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』ポスタービジュアル ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
『裏ゾッキ』 ©2020「裏ゾッキ」製作委員会
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信