松浦弥太郎の初監督映画『場所はいつも旅先だった』予告編&チラシ5種到着

映画『場所はいつも旅先だった』の予告編と限定版チラシビジュアル5種が到着した。

10月29日から公開される同作は、『暮しの手帖』元編集長でウェブメディア「くらしのきほん」などを手掛ける松浦弥太郎が初めて監督を務めた劇場用長編ドキュメンタリー映画。松浦が自ら旅した5か国6都市での出会いや日々が記録されている。松浦は2011年に旅にまつわる自伝的エッセイ集『場所はいつも旅先だった』を発表しているが、映画はオリジナルの内容になるとのこと。小林賢太郎が朗読で参加。

アン・サリーによる主題歌“あたらしい朝”を使用した予告編では、6都市の光景や、イモトアヤコのコメントなどが確認できる。

限定版チラシは7月2日から上映劇場のWHITE CINE QUINTOで毎週1種類ずつ配布され、5週間後に全ビジュアルが並ぶ予定。アメリカ・サンフランシスコ、スリランカ・シギリア、フランス・マルセイユ、オーストラリア・メルボルン、台湾で撮影された5枚の写真を使用し、松浦監督が自ら1行コメントを加えた。

イモトアヤコのコメント

カリカリに焼けたベーコン
野を裸足で歩く親子
ディープな儀式
道ばたの野良犬

旅が日常だったわたしにとっては
なんだかとても懐かしく
旅することが難しくなった
今のわたしにとっては恋しく感じる。

映像からにじみ出る
そこに暮らすひとの感情、
みずみずしい湿度、スパイシーな匂いを思いだし、旅を体感できる。

そんな78分の心の旅を堪能させてもらいました。

作品情報

『場所はいつも旅先だった』

2021年10月29日(金)から渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国で順次公開
監督:松浦弥太郎 主題歌:アン・サリー“あたらしい朝” 朗読:小林賢太郎 上映時間:80分 配給:ポルトレ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松浦弥太郎の初監督映画『場所はいつも旅先だった』予告編&チラシ5種到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて