山岸凉子作品が電子書籍化『日出処の天子』『レベレーション(啓示)』など

山岸凉子の漫画8タイトルが電子書籍化。本日9月17日から予約を受け付けている。 山岸凉子の作品が電子書籍化されるのは初。10月4日にKADOKAWAから『日出処の天子(完全版)』全7巻、『アラベスク(完全版)』全4巻、講談社から『レベレーション(啓示)』全6巻、『青青の時代』全4巻、『ツタンカーメン』全4巻、『ヤマトタケル』全1巻、『押し入れ』全1巻、『言霊』全1巻が配信される。 12月下旬にはKADOKAWAから『テレプシコーラ/舞姫』全15巻、『牧神の午後』全1巻、『ヴィリ』全1巻、『ケサラン・パサラン』全2巻が配信。

山岸凉子のコメント

本当は紙を愛するアナログな私。 しかし、ハタと気づきました。 「漫画は生モノ!」今、電子化しなくてどうする。 作品の賞味期限は迫っておりました。 まだ美味しく読んでいただけますでしょうか? 山岸凉子
  • HOME
  • Book
  • 山岸凉子作品が電子書籍化『日出処の天子』『レベレーション(啓示)』など

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて