特集 PR

モノブライト、ベッド・インらによる、音楽とエロと占いの合体

『Rumble In Brighton Vol.1 ~新春夜の最前線編~』
テキスト
黒田隆憲
撮影:古溪一道 編集:矢島由佳子

怪しい司会者によるMCで、カオスなイベントは幕を開けた

「音楽とエロとちょっぴり特撮」という、カオスなコンセプトを掲げたモノブライトによる自主企画ライブ『Rumble In Brighton Vol.1 ~新春夜の最前線編~』が、1月29日、渋谷CLUB QUATTROにて行なわれた。

Peach John
Peach John

開演時間の18時を回ると、サブステージのバックスクリーンに「マッシュルームヘアー&付け鼻」姿の怪しい司会者が映し出され、本日のメニューをハイテンションで紹介していく。「Peach John」と名乗るその男、どこからどう見ても桃野陽介(モノブライト / Vo,Gt)だ。彼の前口上に導かれ、メインステージにはトップバッターのインストゥルメンタルジャズバンド、カルメラが登場。

カルメラ
カルメラ

モノブライトのサポートメンバーとしてもお馴染みのホーンセクションを含む総勢8人のメンバーが、揃いの赤いスーツでステージ狭しと暴れまわりながら、ジャズやファンク、スカなどをぶち込んだ「ごった煮サウンド」を展開していく。スタイリッシュかつカオティックなパフォーマンスを繰り広げるエンターテイナーたち。EDMをはじめとするダンスミュージックを通過し、最新型にアップデートされた凶暴なグルーヴが、フロアを一気にヒートアップさせていく。

個人的にブチ上がったのは、バート・バカラック風の洗練されたコード進行を、疾走感溢れるビートに乗せた“Flight from SHIBUYA City”。まるで架空のサントラを聴いているような、ファンタジックでドライブ感たっぷりの演奏に、「渋谷系」の呪縛から解き放たれるようなカタルシスさえ覚えた。

ジャズのあとは、ベタなポップスの連発。そしてサイケデリックへ

カルメラの演奏が終わると、間髪入れずに出口博之(モノブライト / Ba)のDJタイムがスタート。大事MANブラザーズバンドやウルフルズ、モーニング娘。などの大ヒットソングを、「これでもか」と言わんばかりに繋げていく。「ベタ」をここまで極めると、もはや「爽快」の境地にたどり着くことを教えられる。後半は「ちゃんまい」こと中尊寺まい(ベッド・イン)も参加し、工藤静香“MUGO・ん…色っぽい”などを歌って会場を沸かせた。

左から:中尊寺まい、出口博之
左から:中尊寺まい、出口博之

続いてメインステージには、オワリカラが登場。歪んだギターリフやうねるベース、パーカッシブなオルガンが組んず解れつ絡み合い、まるでウルトラ怪獣のようにうごめきながら、徐々に熱を帯びていく。目眩がするほどサイケデリックなアンサンブルと、タカハシヒョウリ(Vo,Gt)のカリスマティックなハイトーンボイスに、思わず意識がぶっ飛びそうになった。

後半は松下省伍(モノブライト / Gt)が乱入し、タカハシとギターバトルを展開。後頭部や歯を使ったジミヘンばりの奏法に、笑いが入り混じった歓声があちこちで起きていた。

オワリカラ
オワリカラ

左から:タカハシヒョウリ、松下省伍
左から:タカハシヒョウリ、松下省伍

続いては、まさかの占い師の登場。そしてバブルとエロの空間に

オワリカラのライブが終わると、サブステージにて、バラエティー番組などに引っ張りだこの占い師・ゲッターズ飯田による出演メンバーの「運勢占いコーナー」がはじまった。2017年の運勢ベスト3とワースト3、そして「エロい人ベスト3」が発表されると、各々のファンから悲喜こもごもの声が上がる。

左から:出口博之、ゲッターズ飯田、松下省伍
左から:出口博之、ゲッターズ飯田、松下省伍

そしてメインステージは、「エロい人ベスト3」にランクインしたちゃんまい、そして益子寺かおりによる、ベッド・インの登場だ。まるでディスコの黒服のように、ダンディーなバンドメンバーを率いて、ワンレン&ボディコンの益子寺、レイヤーボブ&ボディコンのちゃんまいが現れると、会場は渋谷CLUB QUATTROからジュリアナ東京へと様変わり。ミラーボールが回る中、「サンクスモニカー!」や「柴漬け食べた~い」など、本人たち曰く「ギロッポンから持ってきたバブルギャグ」を応酬していく。

ベッド・イン
ベッド・イン

マイクを男性器に見立てたパフォーマンス含め、色物と思われがちな彼女たちだが、1980~90年代の歌謡曲を下敷きにしたオリジナル楽曲のクオリティー、Winkや荻野目洋子を思わせる振付など、徹底してコンセプチャルなステージングにはただただ唸らされる。ギブソンのギターSGを汗だくで弾きまくる、ちゃんまいの勇姿にもグッときてしまった。

これほどのカオスを丁寧にまとめあげたのは、モノブライトだった

西崎ゴウシ伝説(カルメラ / アジテーター,Tr,Gt)によるDJコーナーを挟み、いよいよメインステージには大トリのモノブライトが。ここ最近のライブと同じく、サポートにドラムスとキーボードを迎えただけの、シンプルな5人編成。緩急自在なリズム隊と、カウンターメロディーのように動きまくるギター、伸びやかだがどこか耳に引っかかる桃野の歌声が、会場いっぱいに広がる。昨年11月に新代田FEVERで観たライブ(モノブライトの10年の活動から学ぶ、嫉妬や劣等感との向き合い方)よりも、さらに研ぎ澄まされてスケールも大きくなった演奏を聴いて、三人が目指す場所はやはり、武道館のステージなのだということを感じさせられた。

モノブライト
モノブライト

中盤では“冬、今日、タワー”や“ビューティフルモーニング(Wake Up)”など、ミドルテンポの楽曲をしっとりと聴かせ、「今日はホストに徹し、控え目なセットリストにしたのか?」と思ったのも束の間、後半は“踊る脳”“空中YOU WAY”“JOY JOYエクスペリエンス”と畳み掛け、他のどのバンドよりもフロアを揺らしていた。

アンコールでは、本日の出演バンドのメンバー全員がステージに上がり、ザ・タイマーズの“デイ・ドリーム・ビリーバー”を、オーディエンスとともにシンガロング。全ての公演は終了した。

アンコールの模様
アンコールの模様

メインアクトはもちろん、オープニングの映像やDJタイム、占いコーナーなど、「開演中は1分足りとも退屈させたくない」というモノブライトの三人のサービス精神が、ぎっしりと詰まったイベント。「音楽とエロとちょっぴり特撮」……うん、確かにそうだった。ここまで趣向を凝らすに、手間暇も相当かかったに違いない。が、是非とも第二弾、第三弾とシリーズ化してほしい。

イベント情報

『Rumble In Brighton Vol.1 ~新春夜の最前線編~』

2017年1月29日(日)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:
モノブライト
ベッド・イン
カルメラ
オワリカラ
ゲッターズ飯田

リリース情報

モノブライト『VerSus』
モノブライト
『VerSus』(CD)

2016年10月12日(水)発売
価格:1,800円(税込)
kiraku records. / ASCU-2007

1. 未完成ライオット(VerSus Ver.)
2. DANCING BABE(VerSus Ver.)
3. あの透明感と少年(VerSus Ver.)
4. デイドリームネイション(VerSus Ver.)
5. 踊る脳(VerSus Ver.)
6. COME TOGETHER(VerSus Ver.)

プロフィール

モノブライト
モノブライト

2006年に桃野陽介(Vo)を中心に、松下省伍(Gt)、出口博之(Ba)の北海道の専門学校時代の同級生で結成。UKロックシーンを背景にした、感情と刹那がたたずむ音像は桃野陽介というシンガーソングライターの手によって、ひねくれポップロックへと変遷していく。その象徴ともいえる作品、『未完成ライオット』で2007年にメジャーデビュー。これまでオリジナルフルアルバムとしては2013年にリリースされた『MONOBRIGHT three』などを筆頭にして6作品を発表。さらに、精力的なライブ活動と共に2014年にはZepp Tokyoでのワンマンライブも開催。2015年6月のツアーをもって、結成当初のメンバーでもあったドラムが脱退。夏にはそれぞれのソロ活動を経て、同年10月に新体制での再始動を発表。2016年4月20日、アルバム『Bright Ground Music』をリリース。

ベッド・イン
ベッド・イン

益子寺かおり、中尊寺まいによる地下セクシーアイドルユニット。日本に再びバブルの嵐を起こすべく、80年代末~90年代初頭へのリスペクト精神により完全セルフプロデュースで活動中。2012年、お互い別のバンドで活動していた二人が、猫も杓子もロリロリ重視の現代のアイドルシーンに殴り込みにイクかと一念勃起。バンド歴の長い二人による、ロック姐ちゃんなライブパフォーマンスと『おやじギャル』的な発言やTwitterが話題となり、日本各地を毎度おさわがせします中! かおりの逞しいドヤ顔ヴォイスと、まいの下心をつん裂くギタープレイによる「ボディコンロック」に酔いしれろ!

オワリカラ
オワリカラ

2008年結成。タカハシヒョウリ(Gt,Vo)の歌世界とメンバー4人のアンサンブルは激しく耽美、変幻自在。「終わり」と「始まり」二つの言葉が示すとおり、ポップとアヴァンギャルド、未来と過去の架け橋となる「最重要」ロックバンド。

カルメラ
カルメラ

『SUMMER SONIC』への出演や、福岡大型ビーチフェス『Sunset Live』にも毎年出演している大阪発エンタメジャズバンド。ポップス、ジャズ、サンバ、ラテン、ロックなどあらゆるジャンルを時に楽しく、時に切なく、大阪ライクにクロスオーバーする8人組。演奏力の高さに加え、全員が関西人で構成されたメンバーならではの、エンタメ感満載のライブ演出は、近年のリピーターの増加が人気を物語っている。ライブのキラーチューンである“犬、逃げた。-ver. 2.0-”が、「h.ear ×WALKMAN(R)」(ソニーマーケティング株式会社)のテレビCMソングに起用され、2016年3月には日本最高峰のジャズクラブ、BLUE NOTE TOKYOで異例の抜擢となるワンマンライブを開催。同年12月7日に、10周年記念 / 8thアルバム『THE PARTY!』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察