特集 PR

写真家・山崎博から高橋義明が学んだアーティストとしての生き方

東京都写真美術館『山崎博 計画と偶然』展
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之
写真家・山崎博から高橋義明が学んだアーティストとしての生き方

東京都写真美術館で開催中の『山崎博 計画と偶然』展は、1960年代から「時間と光」をテーマに作品を発表してきた山崎博の仕事をたどる展覧会です。フレームのなかで太陽が描く光の軌跡を計算して撮る、水平線と空だけのもっともプリミティブな構図で撮る、などの厳密なルールを定めて写真に収める作家の姿勢は、実験を積み重ねて世界の真理に至る科学者や数学者のストイックさを感じさせます。しかし、はたしてそれだけが魅力と言えるのでしょうか?

今回の展覧会探訪は『メンズノンノ』の専属モデル、高橋義明さんをお招きしました。学生時代は建築を学び、今も作家活動を続ける高橋さんは、山崎作品に「体温のようなものを感じる」と言います。クール&モダンだけではない、山崎博の世界に迫っていきましょう。

「70年代は大好きなんです。時代の勢いを作家本人が体現していて、エネルギーに溢れていた」

45年以上のキャリアを持つ山崎博。その制作の流れを総ざらいする回顧展である本展は、1960年代後半の「カメラマン」としての作家像を振り返るところからスタートします。

太陽や海を被写体にしてきた山崎ですが、意外なことに最初は劇作家の寺山修司、ジャズピアニストの山下洋輔など、前衛芸術に関わる人々を撮影することから、本格的に写真に関わりを持ち始めたそうです。

高橋:僕は武蔵野美術大学の建築学科の卒業生なのですが、じつはほぼ同時期に山崎さんは映像学科の教授をなさっていたんですよ。直接教えてもらったりすることはなかったのですが、人物や作品はなんとなく知っていました。でも、若い頃はこんな仕事をしていたんですね。

高橋義明
高橋義明

山崎が主に関わっていたのは、現代美術の専門誌『美術手帖』などでのアーティスト取材。舞踏の創始者である土方巽、アートだけでなく漫画や小説の世界でも活躍した赤瀬川原平など、そうそうたる表現者を撮影しています。これにはちょっとした理由がありました。

高橋義明

会場展示風景
会場展示風景

日本大学芸術学部に在学していた山崎は、寺山修司が主宰した伝説のアングラ劇団「天井桟敷」に舞台監督と在籍していました。それが縁で、寺山と関わりのある人々にカメラを向けるチャンスを得たわけです。

高橋:僕も舞台美術のデザインをしたことがあるので、ぐっと親近感が湧いてきました。しかも1970年代のスターたちのすぐそばに山崎さんがいたことに個人的に興奮しますね。

とにかく70年代が大好きなんです。当時は美術にもデザインにも、そして建築にも次々と新しいものが登場して、エネルギーに溢れていたと思う。岡本太郎や丹下健三のような芸術文化の人たちが普通にテレビを中心とするマスメディアに登場して、広く認知されていた。

今だって注目を集めるアーティストはいますが、時代の勢いを作家本人が体現するような存在はなかなか生まれにくいですよね。だから、とてもまぶしく感じるんです。

高橋義明

『土方巽』「EARLY WORKS」 1969年 東京都写真美術館蔵
『土方巽』「EARLY WORKS」 1969年 東京都写真美術館蔵

「作品はすごいストイック。人と違うことをやろう、という野心も感じる」

そんな熱い時代と並走していた山崎ですが、70年代に入った頃から次第に仕事としての写真から距離を置くようになり、1975年前後にはほとんどの雑誌からの依頼の仕事を手放したといいます。そして、本格的な作家活動に専念していきます。

高橋義明

74年に撮影された「OBSERVATION 観測概念」は、初期を代表するシリーズです。山崎が当時住んでいた調布市内の自宅窓から撮影したこの一枚は、長時間露光で夜の風景をとらえています。

向かいにはアパートとおぼしき建物。空には左右にぐーっと伸びる星の軌跡。そしてひときわ目立つのが、作家自身の右手です。まるで宇宙人のように手のひらが輝いているのは、ストロボによる意図的な効果でしょう。これ以降、山崎は同じ自宅の窓から、同じ風景を、同じ長時間露光の手法で撮影し続けるシリーズを展開していきました。

「OBSERVATION 観測概念」より 1974年 東京都写真美術館蔵
「OBSERVATION 観測概念」より 1974年 東京都写真美術館蔵

「OBSERVATION 観測概念」より 1974年 東京都写真美術館蔵
「OBSERVATION 観測概念」より 1974年 東京都写真美術館蔵

晴れの昼間も、雪の日も、撮影の習慣はひたすら続きます。撮影手法も次第に多様化し、長時間露光で太陽の軌跡を強調したり、窓から見える空や街並みを細かくパーツに分けて撮影し、ネガを並べると一枚の風景として成立する作品を作ったり。それはまるで、一つの場所でどれだけの表現ができるか挑戦する、写真の実験室のようでもあります。

高橋:すごいストイックですよね。同時に、人と違うことをやろうという、若者らしい野心も感じます。自分の手を写真の前に挿し出しているのも「俺はここにいるぞ!」と訴えているような気が僕にはします。

Page 1
次へ

イベント情報

総合開館20周年記念
『山崎博 計画と偶然』

2017年3月7日(火)~5月10日(水)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(5月1日は開館)
料金:一般600円 学生500円 中高生・65歳以上400円
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜は65歳以上無料

関連イベント
対談「山崎博をめぐって」

2017年4月16日(日)14:00~15:30
出演:
金子隆一(写真史家)
石田哲朗(東京都写真美術館学芸員)
定員:各回50名
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ
※当日午前10時より1階総合受付にて整理券を配布します。
※各回とも作家本人の出演予定はございません。

プロフィール

髙橋義明(たかはし よしあき)

1989年生まれ。メンズノンノモデル。同世代のアーティスト達とcornestoneというグループで活動をし、葛西に構えるアトリエに併設されたギャラリーでは4月15日からCrossing Factorsという合同展を開催予定。

山崎博(やまざき ひろし)

1946年長野県生まれ。1968年日本大学芸術学部を中退。1969年から本格的に写真を始 め、1972年より平行して映画フィルムによる作品制作を始める。1983年長時間露光に よる太陽のシリーズで第33回日本写真協会新人賞を受賞。2001年第26回伊奈信男賞を 受賞。東京造形大学講師、東北芸術工科大学教授を経て2005年から武蔵野美術大学教 授(2017年3月まで)。1974年個展「OBSERVATION」(ガレリア・グラフィカ、東京) 以降、ニコンサロン他での個展、グループ展多数。主な著書『HELIOGRAPHY』(青弓 社、1983年)『水平線採集』(六曜社、1989年)他。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も