特集 PR

りりかと行くニコンフォトコンテストから、写真の「今」を考える

『ニコン フォトコンテスト 2016-2017』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之、川浦慧
りりかと行くニコンフォトコンテストから、写真の「今」を考える

カメラ付きケータイ、スマホ、そしてInstagramの登場で、かつてなく「写真」に溢れた時代が今だ。誰もが手軽に撮れるだけでなく、発表までも自由に行える環境では、写真の役割も意味もどんどん変わっていく。では逆に、変わらないものとはなんだろう。

『ニコンフォトコンテスト2016-2017』は、その両方を考える機会かもしれない。カメラの総合機器メーカーであるニコンが1969年から続けてきたこの国際写真コンテストは、今年Celebration(祝い)とFuture(未来)の2つをテーマに掲げた。世界約170か国から作品7万6356点が寄せられ、アートディレクター、写真家、キュレーターらの審査によって53人の入賞者が決定し、その作品展が東京・代官山T-SITE GARDEN GALLERYなどで開催された(同会場での展示は終了。品川のニコンミュージアムでは9月30日まで開催されている)。

その会場を訪ねたのは、女優のりりかさん。役者としての活動と並行して、自分の生活を写真で記録し続けるプライベートなアートワークを作る彼女は、世界中から集まった写真を前に何を思うのだろうか? 同コンテストで審査員をつとめたフォトキュレーターの小高美穂さんが案内役となり、小さな写真旅行に出かけてみることにした。

オンライン審査と、3日間にわたる議論で決定したグランプリ作品を読み解く

代官山T-SITE GARDEN GALLERY会場には、各部門のグランプリ作を中心に、選りすぐられた入賞作10数点が集められている。その一つひとつを興味深そうに眺めるりりかさん。特に気になったのは「ニコン創立100周年記念部門」テーマ“Celebration”のグランプリ、イタリア人写真家アンナマリア・ブルーリの『Greeting to the Sun(太陽を迎える祈り)』。アラブ系のおばあさんが室内で瞑想している、静かな一枚だ。

「ニコン創立100周年記念部門」のグランプリ作品である、アンナマリア・ブルーリの『Greeting to the Sun(太陽を迎える祈り)』
「ニコン創立100周年記念部門」のグランプリ作品である、アンナマリア・ブルーリの『Greeting to the Sun(太陽を迎える祈り)』

りりか:すごく気になる写真で、思わず足を止めてしまう魅力を感じました。でも、おばあさんが被写体で、窓から光が射すシチュエーションって、決して真新しいものではないですよね。私はすごく好きだけど、なぜこの作品がグランプリになったのか、ちょっとわからないかも……?

『Greeting to the Sun(太陽を迎える祈り)』を見るりりか
『Greeting to the Sun(太陽を迎える祈り)』を見るりりか

絵画で言えば、フェルメールの窓辺に立つ人物像を思い起こさせる一枚は、たしかに既視感がある。実際、最終審査でも最初はこの作品を見逃す人は少なくなかったと小高さんは言う。

小高:受賞作は、事前のオンライン審査、そして東京会場での3日間にわたる議論で決定しました。ボードに貼られた数百枚の写真から気になったものに各審査員が票を入れていって、一つひとつについて話し合いながら、なぜその作品がよいのか、この作品が受賞すべき理由は何なのかを議論し、絞り込んでいったんです。

そうやって反射神経と脳の両方を3日間働かせながら大量の写真を見続けていると、中にはどうしても見過ごしてしまいがちになる写真があって、このおばあさんの写真もそんな一枚だったと思います。一見すると穏やかで、色彩も控えめで、被写体も目立つわけではない。でも、審査員全員で今回のテーマ「Celebration」の意味について話し合い、何を重要視するかを共有していくことで、とても重要な一枚へと変わっていったんです。

左から:りりか、小高美穂 / 写真展を見て回る様子
左から:りりか、小高美穂 / 写真展を見て回る様子

左から:りりか、小高美穂

『Greeting to the Sun』は、写真家がエジプト人の友人の家に宿泊していたときに撮られた一枚だ。友人の家族のおばあさんはイスラム教徒で、朝になるとコーランを唱える習慣をずっと続けていたのだという。朝が来て、太陽がのぼり、その光が室内に射し込んでくると祈りを捧げる。日常のサイクルのなかで、また新しい一日が始まることに感謝し、祝うということ。そんな普通の瞬間だったからこそ、Celebrationの本質が浮かび上がるのだろう。目利き揃いの審査員も、本作のグランプリに満場一致で票を投じたという。

りりか:いい写真の基準って、結局、それぞれの「好き嫌い」なんじゃないのかな? って今までは思っていました。新鮮さを基準にするとしても、そもそも誰も見たことのない写真なんて、もうこの世界にはないですから。でも、小高さんの説明を聞いて、コンセプトやテーマによって写真がより深い意味を持つことがわかった気がします。今は「やっぱりこれしかない!」と感じます。

りりか

Page 1
次へ

イベント情報

『ニコン フォトコンテスト 2016-2017 フォトエキシビション』

品川会場
2017年7月24日(月)~9月30日(土)
会場:東京都 品川インターシティ ニコンミュージアム
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:日曜、祝日、8月11日~8月15日
料金:無料

新宿会場
2017年10月24日(火)~10月30日(月)
会場:東京都 ニコンプラザ新宿 THE GALLERY
(東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー28階)
時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)
休館日:日曜
料金:無料

代官山会場
2017年7月29日(土)~8月2日(水)
会場:東京都 代官山T-SITE GARDEN GALLERY
※代官山会場は会期終了

イベント情報

『ニコン フォトコンテスト 2016-2017 フォトエキシビション』の世界巡回展

中国
上海
8月8日~8月31日
会場:ニコンプラザ上海

北京
9月7日~9月30日
会場:ニコンプラザ北京

広州
10月6日~10月31日
会場:ニコンプラザ広州

インド
デリー
11月1日~11月12日
会場:All India Fine Arts & Crafts Society

ムンバイ
11月21日~11月30日
会場:National Centre for the Performing Arts

チェコ
プラハ
10月2日~10月30日
会場:NIKON PHOTO GALLERY

フランス
パリ
11月9日~11月13日
会場:Porte de Versailles

イギリス
ロンドン
12月1日~12月31日
会場:Center of Excellence

プロフィール

りりか

女優。2015年デビュー後まもなく出演した三井住友VISAカードCMで一躍注目を浴びるように。現在、CM、ドラマ、映画と多岐に渡って活躍中。2018年には土田淳平監督の映画『放課後戦記』(準主演)が控えている。6月には初のインスタレーションを開催した。「私の人生はこの写真たちにうつり込むものが全てです」はりりかの言。ミシェルエンターテイメント所属。

小高美穂(おだか みほ)

フォトキュレーター、日本大学芸術学部写真学科非常勤講師。上智大学英文学科卒業後渡英。Falmouth Collage of Arts(イギリス)写真学科修士課程修了。写真展、フェスティバルでのキュレーション、国内外の展覧会や巡回展のコーディネート、作家マネージメント、執筆等日本と世界を繋ぐ様々な写真のフィールドで活動している。主な展示に2016年T3 Photo Festivalでの共同キュレーション、2015年東京国際写真祭展示キュレーション、国際写真賞Prix Pictetの東京巡回展、『マリオ・ジャコメッリ写真展―The Black is Waiting for White』(東京都写真美術館 2013年)のコーディネート等。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も