レポート

『第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』が、9月16日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーで開催。本日9月15日に受賞作家を交えた内覧会が行なわれた。

同展では、世界88の国と地域の4034作品から選ばれた150点以上の作品を一挙に展示。昨年までの受賞作品展は東京・六本木の国立新美術館で行なわれていたが、今回は会場をNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーに移して行なわれる。また部門ごとに作品を紹介する従来の展示方法ではなく、各作品から浮かび上がるキーワードをもとにゾーニングして展示しているという。

内覧会に登壇した受賞作家たち
内覧会に登壇した受賞作家たち

独作家のキネティックインスタレーションや「生命感」を持つロボット

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]ではアート部門の作品を中心に展示。入口を入ると、同部門の大賞に選出されたラルフ・ベッカーによる192の直流モーターを用いたキネティックインスタレーション『Interface I』が出迎える。自然界の放射線を感知してランダムを動きを作り出し、赤い糸が暗闇をうねる同作品について、作者のベッカーは「縦方向と横方向の動きが互いを制約しながら動くシステム。赤い波形が全体を表しているようで、動きを制約するパーツにもなっており、『全体』と『部分』の関係性を考える作品になっている」と説明した。

受賞作『Interface I』について説明するラルフ・ベッカー
受賞作『Interface I』について説明するラルフ・ベッカー

ラルフ・ベッカー『Interface I』展示風景
ラルフ・ベッカー『Interface I』展示風景

同フロアにはアート部門の優秀賞作品4点も展示。石黒浩、池上高志らによるロボット作品『Alter』をはじめ、東京都心から新潟の柏崎刈羽原子力発電所までの「高電圧送電ケーブルのある光景」を4K一眼レフカメラで撮影・編集した吉原悠博の映像インスタレーション『培養都市』、河川の小石を地質年代別に分類するベンヤミン・マウス、プロコップ・バルトニチェクのインスタレーション『Jller』、イスラエルのオリ・エリサルによる、土壌細菌を含んだ「バイオインク」で古代ヘブライ文字を描いた『The Living Language Project』を見ることができる。

ベンヤミン・マウス、プロコップ・バルトニチェク『Jller』
ベンヤミン・マウス、プロコップ・バルトニチェク『Jller』

『Alter』制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)『Alter』
『Alter』制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)『Alter』

『Alter』制作チームの石黒浩は、年齢や性別が不明な「誰でもない顔」と機械部分がむき出しになった身体を持つロボット作品について、「機械をむき出しにしても、中の制御のシステムを(人間の脳の神経回路を模した)複雑なニューラルネットワークで制御することで、生命を持っているような作品になっている。人の生命感をロボットでどれだけ表現できるかというチャレンジ」と話し、タイトルの「Alter」には「Alternative」「もう1つの人間性」といった意味が込められていると明かした。

またNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]のエントランスには、エンターテインメント部門の優秀賞作『NO SALT RESTAURANT』と、Ryo Kishiの新人賞受賞作『ObOrO』も展示されている。

川嵜鋼平/中野友彦/中村裕美/橋本俊行/宇田川和樹/天野渉『NO SALT RESTAURANT』
川嵜鋼平/中野友彦/中村裕美/橋本俊行/宇田川和樹/天野渉『NO SALT RESTAURANT』

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2017年9月16日(土)~9月28日(木)
会場:東京都 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティアートギャラリーほか
料金:無料

詳細情報

『第20回 文化庁メディア芸術祭』受賞作品

アート部門
大賞
Ralf BAECKER『Interface I』
優秀賞
吉原悠博『培養都市』
『Alter』制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)『Alter』
Benjamin MAUS / Prokop BARTONICEK『Jller』
Ori ELISAR『The Living Language Project』
新人賞
津田道子『あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。』
Rosa MENKMAN『DCT: SYPHONING. The 1000000th interval.』
Nina KURTELA『The Wall』

エンターテインメント部門
大賞
庵野秀明/樋口真嗣『シン・ゴジラ』
優秀賞
市原えつこ『デジタルシャーマン・プロジェクト』 川嵜鋼平/中野友彦/中村裕美/橋本俊行/宇田川和樹/天野渉『NO SALT RESTAURANT』
『Pokemon GO』制作チーム(代表:野村達雄)『Pokemon GO』
『Unlimited Corridor』制作チーム(代表:松本啓吾)『Unlimited Corridor』
新人賞
岡崎体育/寿司くん『MUSIC VIDEO』
Ryo Kishi『ObOrO』
Marcel BUECKNER / Tim HEINZE / Richard OECKEL / Lorenz POTTHAST / Moritz RICHARTZ『RADIX | ORGANISM / APPARATUS』

アニメーション部門
大賞
新海誠『君の名は。』
優秀賞
山田尚子 映画『聲の形』
Ale ABREU『父を探して』
Anushka Kishani NAANAYAKKARA『A Love Story』
Anna BUDANOVA『Among the black waves』
新人賞
堤大介/ロバート・コンドウ『ムーム』
Emma VAKARELOVA『I Have Dreamed Of You So Much』
Arturo “Vonno” AMBRIZ / Roy AMBRIZ『Rebellious』

マンガ部門
大賞
石塚真一『BLUE GIANT』
優秀賞
高井研一郎/原作:林律雄『総務部総務課山口六平太』
ユン・テホ/訳:古川綾子/金承福『未生ミセン』
筒井哲也『有害都市』
松本大洋『Sunny』
新人賞
灰原薬『応天の門』
清家雪子『月に吠えらんねえ』
畑優以『ヤスミーン』

功労賞
飯塚正夫
梯郁太郎
高野行央
松武秀樹

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら