レポート

『第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』が、9月16日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーで開催。本日9月15日に受賞作家を交えた内覧会が行なわれた。

同展では、世界88の国と地域の4034作品から選ばれた150点以上の作品を一挙に展示。昨年までの受賞作品展は東京・六本木の国立新美術館で行なわれていたが、今回は会場をNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーに移して行なわれる。また部門ごとに作品を紹介する従来の展示方法ではなく、各作品から浮かび上がるキーワードをもとにゾーニングして展示しているという。

内覧会に登壇した受賞作家たち
内覧会に登壇した受賞作家たち

独作家のキネティックインスタレーションや「生命感」を持つロボット

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]ではアート部門の作品を中心に展示。入口を入ると、同部門の大賞に選出されたラルフ・ベッカーによる192の直流モーターを用いたキネティックインスタレーション『Interface I』が出迎える。自然界の放射線を感知してランダムを動きを作り出し、赤い糸が暗闇をうねる同作品について、作者のベッカーは「縦方向と横方向の動きが互いを制約しながら動くシステム。赤い波形が全体を表しているようで、動きを制約するパーツにもなっており、『全体』と『部分』の関係性を考える作品になっている」と説明した。

受賞作『Interface I』について説明するラルフ・ベッカー
受賞作『Interface I』について説明するラルフ・ベッカー

ラルフ・ベッカー『Interface I』展示風景
ラルフ・ベッカー『Interface I』展示風景

同フロアにはアート部門の優秀賞作品4点も展示。石黒浩、池上高志らによるロボット作品『Alter』をはじめ、東京都心から新潟の柏崎刈羽原子力発電所までの「高電圧送電ケーブルのある光景」を4K一眼レフカメラで撮影・編集した吉原悠博の映像インスタレーション『培養都市』、河川の小石を地質年代別に分類するベンヤミン・マウス、プロコップ・バルトニチェクのインスタレーション『Jller』、イスラエルのオリ・エリサルによる、土壌細菌を含んだ「バイオインク」で古代ヘブライ文字を描いた『The Living Language Project』を見ることができる。

ベンヤミン・マウス、プロコップ・バルトニチェク『Jller』
ベンヤミン・マウス、プロコップ・バルトニチェク『Jller』

『Alter』制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)『Alter』
『Alter』制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)『Alter』

『Alter』制作チームの石黒浩は、年齢や性別が不明な「誰でもない顔」と機械部分がむき出しになった身体を持つロボット作品について、「機械をむき出しにしても、中の制御のシステムを(人間の脳の神経回路を模した)複雑なニューラルネットワークで制御することで、生命を持っているような作品になっている。人の生命感をロボットでどれだけ表現できるかというチャレンジ」と話し、タイトルの「Alter」には「Alternative」「もう1つの人間性」といった意味が込められていると明かした。

またNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]のエントランスには、エンターテインメント部門の優秀賞作『NO SALT RESTAURANT』と、Ryo Kishiの新人賞受賞作『ObOrO』も展示されている。

川嵜鋼平/中野友彦/中村裕美/橋本俊行/宇田川和樹/天野渉『NO SALT RESTAURANT』
川嵜鋼平/中野友彦/中村裕美/橋本俊行/宇田川和樹/天野渉『NO SALT RESTAURANT』

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2017年9月16日(土)~9月28日(木)
会場:東京都 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティアートギャラリーほか
料金:無料

詳細情報

『第20回 文化庁メディア芸術祭』受賞作品

アート部門
大賞
Ralf BAECKER『Interface I』
優秀賞
吉原悠博『培養都市』
『Alter』制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)『Alter』
Benjamin MAUS / Prokop BARTONICEK『Jller』
Ori ELISAR『The Living Language Project』
新人賞
津田道子『あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。』
Rosa MENKMAN『DCT: SYPHONING. The 1000000th interval.』
Nina KURTELA『The Wall』

エンターテインメント部門
大賞
庵野秀明/樋口真嗣『シン・ゴジラ』
優秀賞
市原えつこ『デジタルシャーマン・プロジェクト』 川嵜鋼平/中野友彦/中村裕美/橋本俊行/宇田川和樹/天野渉『NO SALT RESTAURANT』
『Pokemon GO』制作チーム(代表:野村達雄)『Pokemon GO』
『Unlimited Corridor』制作チーム(代表:松本啓吾)『Unlimited Corridor』
新人賞
岡崎体育/寿司くん『MUSIC VIDEO』
Ryo Kishi『ObOrO』
Marcel BUECKNER / Tim HEINZE / Richard OECKEL / Lorenz POTTHAST / Moritz RICHARTZ『RADIX | ORGANISM / APPARATUS』

アニメーション部門
大賞
新海誠『君の名は。』
優秀賞
山田尚子 映画『聲の形』
Ale ABREU『父を探して』
Anushka Kishani NAANAYAKKARA『A Love Story』
Anna BUDANOVA『Among the black waves』
新人賞
堤大介/ロバート・コンドウ『ムーム』
Emma VAKARELOVA『I Have Dreamed Of You So Much』
Arturo “Vonno” AMBRIZ / Roy AMBRIZ『Rebellious』

マンガ部門
大賞
石塚真一『BLUE GIANT』
優秀賞
高井研一郎/原作:林律雄『総務部総務課山口六平太』
ユン・テホ/訳:古川綾子/金承福『未生ミセン』
筒井哲也『有害都市』
松本大洋『Sunny』
新人賞
灰原薬『応天の門』
清家雪子『月に吠えらんねえ』
畑優以『ヤスミーン』

功労賞
飯塚正夫
梯郁太郎
高野行央
松武秀樹

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される