レポート

『怖い絵展』が東京で開催 名画に秘められた「恐怖」のドラマを知っている?

テキスト・撮影
後藤美波
『怖い絵展』が東京で開催 名画に秘められた「恐怖」のドラマを知っている?

絵画に秘められた「恐怖」を読み解く――『怖い絵展』が開催

『怖い絵展』が明日10月7日から東京・上野の森美術館で開催される。

ドイツ文学者・中野京子による書籍『怖い絵』の刊行10周年を記念する同展。書籍『怖い絵』は「恐怖」をキーワードに据え、絵画の時代背景や隠されたドラマを読み解く美術書としてベストセラーを記録し、シリーズ化された。展覧会では、書籍シリーズで紹介された作品をはじめ、新たに選ばれた作品など約80点をテーマごとに展示している。

一般公開に先駆けて本日10月6日に内覧会が開催。展覧会を監修した中野京子と、展覧会ナビゲーターおよび音声ガイドを担当した吉田羊も参加した。

『怖い絵展』会場風景。キャプションには「恐怖」を読み解くヒントが。
『怖い絵展』会場風景。キャプションには「恐怖」を読み解くヒントが。

斬首刑に臨む16歳の王女『レディ・ジェーン・グレイの処刑』

『怖い絵展』の一番の目玉としてフィーチャーされているのが、イギリス・ロンドンのナショナルギャラリーから貸し出された、ポール・ドラローシュの油彩画『レディ・ジェーン・グレイの処刑』だ。

16世紀にわずか9日間で王座を追われたイングランド最初の女王ジェーン・グレイの処刑シーンをモチーフにした同作。目隠しをされた16歳のジェーンの横には背中を見せて泣く侍女と失神しかけている侍女が描かれ、中央にはジェーンが首を差し出す台、床には血を吸うための藁が敷かれている。

ポール・ドラローシュ『レディ・ジェーン・グレイの処刑』
ポール・ドラローシュ『レディ・ジェーン・グレイの処刑』

監修者の中野が「この絵が来ないなら展覧会はやらない」とまで話したというこの作品。絵画の横に添えられた「どうして。」というキャプションも、残酷な運命に翻弄されたジェーンの悲劇を引き立てる。内覧会に登壇した中野は同作の額装への思い入れも語り、「額も絵の一部なので楽しんでいただけたら」と話した。

夢に出てくる怪物や悪魔、異界の「恐怖」

このように、作品の背景を知るとその「恐怖」がよりリアルに迫ってくる作品が会場には並んでおり、絵の「怖さ」を読み解くヒントと共に鑑賞できる。

展示構成は「神話と聖書」「悪魔、地獄、怪物」「異界と幻視」「現実」「崇高の風景」「歴史」の6章立て。第1章「神話と聖書」では、部下を美貌で惑わせ、魔酒でブタに変えた魔女キルケーと、その背後の鏡に映るオデュッセウスを描いた『オデュッセウスに杯を差し出すキルケー』や、美声で船乗りを混乱させて船を沈めたという海の魔女セイレーンを描いた『オデュッセウスとセイレーン』など、超越的な力に翻弄される人間の悲喜劇を表現した作品群が展示されている。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス『オデュッセウスに杯を差し出すキルケー』
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス『オデュッセウスに杯を差し出すキルケー』

第2章「悪魔、地獄、怪物」、第3章「異界と幻視」では悪魔や地獄、怪物を主題にした作品や、異界の表現を紹介。夢の中でレイプをする男の怪物インクブスを描いた『夢魔』、オーブリー・ビアズリーによる『サロメ』の挿絵など、不気味であると同時に美しく幻想的な作品群が空間を彩る。

ヘンリー・フューズリ『夢魔』
ヘンリー・フューズリ『夢魔』

右がオーブリー・ビアズリーによる『サロメ』の挿絵
右がオーブリー・ビアズリーによる『サロメ』の挿絵

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『怖い絵展』

2017年10月7日(土)~12月17日(日)
会場:東京都 上野の森美術館
時間:10:00~17:00(入場は閉場の30分前まで)
料金:一般1,600円 大学・高校生1,200円 中学・小学生600円 ※小学生未満無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問