特集 PR

チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』
テキスト
矢島由佳子
チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

(メイン画像:撮影:上山陽介)

“サラバ青春”で締めくくられた、チャットモンチー最後のワンマンライブ

7月4日、日本武道館にて、チャットモンチーにとって最後のワンマンライブ『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』が開催された。最後に演奏された曲は、“サラバ青春”だった。全国の映画館でライブビューイングが行われ、WOWOWでも生中継されていたこの公演が終わったあと、SNSのタイムラインには、「私の、僕の、青春も終わってしまった」というような書き込みが溢れていて、それぞれの日々とチャットモンチーの音楽を重ねながら「青春」を味わっていたリスナーがどれほど多くいたのか、ということを改めて実感させられた。でも、私が武道館で観て感じたのは、「チャットモンチーにとっての青春は終わっていない」ということだった。

チャットモンチー“サラバ青春”(Apple Musicはこちら

最後のワンマンライブをどのような編成で行うのかは、当日まで一切発表されていなかった。橋本絵莉子と福岡晃子の2人だけでやり通すのか、それともこれまでのサポートメンバーを総動員するのか、はたまた、「高橋久美子が入るのでは?」なんて予想もファンのあいだでは飛び交っていた。常にファンもスタッフもメディア関係者も含めたすべての人の予想を飛び越えるかたちで「変身」を繰り返し、期待を「裏切る」ではなく「上回る」ことをしてきたチャットモンチーは、最後の最後まで、驚きの「変身」を見せた。これが、今月で終わりを迎えるバンドのライブであるとは、にわかには信じがたかった。

手をつなぎながら登場した橋本絵莉子と福岡晃子。撮影:古溪一道

手をつなぎながら登場した橋本絵莉子と福岡晃子。撮影:古溪一道
手をつなぎながら登場した橋本絵莉子と福岡晃子。撮影:古溪一道

最後のアルバムをチャレンジングに披露した、第1部

約2時間半の公演は、中間に過去を振り返る映像を挟んだ2部構成だった。前半は、2人だけがステージに立ち、打ち込みと生演奏を混ぜた「チャットモンチー・メカ」編成で、『誕生』の楽曲がアルバムの曲順通りに演奏されていく。本業はベーシストであるにもかかわらず、“たったさっきから3000年までの話”では、左手でキーボードを弾きながら右手でドラムを叩いたり、DJみそしるとMCごはんをゲストに招いた“クッキング・ララ”では、microKORG(シンセサイザー)を肩に担ぎながらステージを歩いたりする福岡の姿には、音楽家としての器用さと、人間としてのタフさを感じさせられる。また、「徳島のときから今までのことを歌った」と紹介し、自分たちのことを「イノシシ年のロックスター」と歌う“裸足の街のスター”では、橋本がコンガを叩き、福岡がカリンバを弾くなど、いくつもの挑戦を積み重ねながら曲が鳴らされた。

橋本絵莉子。撮影:古溪一道
橋本絵莉子。撮影:古溪一道

福岡晃子。撮影:上山陽介
福岡晃子。撮影:上山陽介

『誕生』の楽曲を生で聴いて、改めて感じたことがあった。それは、橋本の歌が、かつては「薄い紙なのに、赤い血が飛び出てしまうほどの刃」ともたとえられるような、可愛らしくて細いのに鋭さのある声だったが、今は、とてもふくよかな声に変わっているということ。かつては「尖ってた」と、今や笑い話のように語る2人の心の在り方が変わったゆえに生まれている変化なのだろう。

『誕生』での挑戦は、打ち込みを用いながらも、流行りのトラックメイキングの手法に則ることなく、あくまで自分たちのやり方で、なおかつ、橋本のふくよかな声と、拙くて少しイカついサウンドを混ぜることだった。流行りやシーンに寄り添おうとはせず、スムースに聴き流せるような音楽ではなく、どこか「歪さ」を残す。それこそが、チャットモンチーがこれまでずっと貫いてきたオルタナティブなスタイルだった。

撮影:上山陽介

撮影:上山陽介
撮影:上山陽介

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』

2018年7月4日(水)
会場:東京都 九段下 日本武道館

リリース情報

チャットモンチー
『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』初回仕様限定盤(Blu-ray)

2018年10月24日(水)発売
価格;5,724円(税込)
KSXL-271

チャットモンチー
『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』初回仕様限定盤(DVD)

2018年10月24日(水)発売
価格;5,184円(税込)
KSBL-6325

リリース情報

チャットモンチー
『BEST MONCHY 1 -Listening-』完全生産限定盤(3CD)

2018年10月31日(水)発売
価格:3,996円(税込)
KSCL-30067~70

チャットモンチー
『BEST MONCHY 1 -Listening-』期間生産限定通常盤(2CD)

2018年10月31日(水)発売
価格:3,456円(税込)
KSCL-30071~3

チャットモンチー
『BEST MONCHY 2 -Viewing-』完全生産限定盤(2Blu-ray)

2018年10月31日(水)発売
価格:5,940円(税込)
KSXL-265~7

チャットモンチー
『BEST MONCHY 2 -Viewing-』完全生産限定盤(4DVD)

2018年10月31日(水)発売
価格:5,400円(税込)
KSBL-6317~21

リリース情報

チャットモンチー『誕生』初回生産限定盤
チャットモンチー
『誕生』初回生産限定盤(CD)

2018年6月27日(水)発売
価格:3,240円(税込)
KSCL-30062/3
※三方背ケース、ハードカバーブック仕様

1. CHATMONCHY MECHA
2. たったさっきから3000年までの話
3. the key
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
5. 裸足の街のスター
6. 砂鉄
7. びろうど

チャットモンチー『誕生』通常盤
チャットモンチー
『誕生』通常盤(CD)

2018年6月27日(水)発売
価格:2,592円(税込)
KSCL-30064

1. CHATMONCHY MECHA
2. たったさっきから3000年までの話
3. the key
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
5. 裸足の街のスター
6. 砂鉄
7. びろうど

リリース情報

チャットモンチー『たったさっきから3000年までの話』
チャットモンチー
『たったさっきから3000年までの話』(7インチアナログ)

2018年6月6日(水)発売
価格:1,512円(税込)
KSKL-8534

プロフィール

チャットモンチー
チャットモンチー

橋本絵莉子(Gt,Vo,Syn)・福岡晃子(Ba,Dr,Cho,Syn,Perc,etc.)。2000年徳島で結成。2005年メジャーデビュー。2006年リリースのSG『シャングリラ』がヒット。2007年リリースの2nd AL『生命力』に続き、2009年リリースの3rd AL『告白』は、オリコン初登場2位を記録。2008年には、初の日本武道館公演を開催。メジャーデビューから2年4か月での日本武道館2days公演は、女性ロックバンドとしては史上最短(※当時)で、現在のロックシーンを代表するバンドへと成長を遂げる。2011年にDr.高橋久美子の脱退により、橋本、福岡の2ピース体制となる。2014年には、サポートメンバーを迎えた体制での活動を発表し、6th AL『共鳴』を15年にリリース。そしてデビュー10周年の日本武道館公演を行い、2016年には郷里徳島で主催フェスを2daysで初開催。大成功を収めた。デュオ「橋本絵莉子波多野裕文」(橋本)やユニット「くもゆき」(福岡)での活動、CM歌唱(橋本)や徳島での多目的スペースOLUYOの運営(福岡)など、それぞれ多彩な活動を行っている。2017年11月23日、2018年7月をもって活動を「完結」させることを発表した。2018年6月27日に、ラストアルバム『誕生』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く