特集 PR

通算1億DL超「メルカリ」の企業文化が支える、本来のUXデザイン

デジタルハリウッド『EAT creative program』
テキスト
内田伸一
撮影:デジタルハリウッド 編集:石澤萌、宮原朋之
通算1億DL超「メルカリ」の企業文化が支える、本来のUXデザイン

新しさだけじゃない。転職の末にたどり着いた、ユーザー目線のUXデザイン

たとえば同じ性能のアプリでも、画面表示や操作方法次第で、使いやすさや楽しさは大きく変わる。さらに、どんな人が、どんな場面で使うかによっても体験は多様になる。これらを見すえてベストなユーザー体験作りを目指すのが、いま多領域で活用されるUX(ユーザー体験)デザインだ。

これからのクリエイティブを各界で活躍するゲストと考える、デジタルハリウッド主催の特別授業『EAT creative program』。2018年は「UXデザイン」にフォーカスした3つの講義を実施する。その先陣を切ったのが、フリマアプリ「メルカリ」のUX改善を手がけた宮田大督(現・株式会社メルペイ)。日英米で通算1億ダウンロードのアプリを支えた彼の言葉から、多くのもの作りに通じるヒントを探してみたい。

宮田:もともと僕は大手通信事業企業にいて、お客様目線を活かしたよいサービスを世の中に増やしたいと考えていました。そんなときUXデザインに出会い、自分がやりたいのはこれだ! と思ったんです。ただ、大きな組織のなかで自分の目指す新しいUXデザインを受け入れてもらうのはなかなか難しかった。

「それならば新しい手法がより馴染む企業でチャレンジしよう」と決心して大手ITベンチャーへ転職し、その後、さらにスタートアップへという流れで「メルカリ」に入社しました。でも、ここでも最初は「UX的なことは、やらなくていいんじゃない?」と言われて(苦笑)。さすがに、一度UXのことは忘れようと思いました。

講義の様子
講義の様子

そこで初心に戻り、手法としてのUXデザインではなく「よいサービス作りを『メルカリ』でゼロから学ぼう」と視点を変えたことで、活路がひらけたという。

宮田:「メルカリ」の主要メンバーは、ペルソナ(想定顧客の人物像)やジャーニーマップ(ペルソナが時系列でどのような行動をするか分析したもの)を作ったりという、いわゆる「UXデザイン」をしているわけではないけれど、「ゴールとしてのUX」を常に意識していると気づいたんです。お客様にとって「変」なものは議論なしには絶対進めないし、逆に業界の流行的には「ダサい」ものでも、「メルカリ」のお客様にとってよいものなら取り入れる。つまり、常にお客様のことだけを当たり前のように考えているんです。

そんな「ゴールとしてのUX」の本質を、宮田はその後、US版「メルカリ」改善調査のチャンスを得て実感することになった。

 宮田大督
宮田大督

宮田:上司にアメリカ現地でユーザー調査をやるかと誘われ、「いいですね! じゃあ人集めや仮説作りを急ぎ進めて、ひと月後を目標に……」と答えたら、「いや、来週くらいに行こう!」となり、あっというまにサンフランシスコへ。協力者は地元掲示板や知人経由で集め、オフィスを調査会場にしたり、彼らの家を訪ねたり、いろいろとノリで乗り切りました(笑)。

そこで行ったのは、「ユーザビリティテスト」です。これは、開発中の機能なども実際にアプリを使ってもらうことで、画面表示や操作方法などのユーザインタフェースの改善をはかるもの。「メルカリ」をとにかく触ってもらい、ダメなところを見つける。UXデザインでは定番ですが、このときは勢いがすごくて、改善点はその場ですぐ日本のチームに伝え、対策版を作ってもらい、A / Bテスト(2案を比較検討するテスト)で再確認。調査開始から修正版の開発まで数時間ということもあり、最終的に50個近くの改善策を生み出せました。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『EAT creative program』

2018年8月より開講
会場:東京都 御茶ノ水 デジタルハリウッド東京本校
講師:
宮田大督(株式会社メルペイ)
川島優志(Niantic, Inc.)
天野成章(トヨタ自動車株式会社)
料金:
一般27,000円
デジタルハリウッド東京本校以外の校舎でご受講の在校生18,000円
卒業生18,000円
※デジタルハリウッド東京本校本科生・専科生は無料

プロフィール

宮田大督(みやた だいすけ)

慶應義塾大学 大学院 メディアデザイン専攻卒業後、2008年にNTTコミュニケーションズ株式会社に入社し、新規事業開発等を担当。2012年に楽天株式会社へ入社。市場やトラベルなど様々な既存サービスや、新規サービス立ち上げにおけるUI/UX改善を行う。2015年よりプロデューサーとして株式会社メルカリに入社。UI/UX改善をメイン業務とし、US版を2年、JP版を1年担当。同時に、毎週行うユーザビリティテストの実施など、メルカリ全体としてUI/UX改善の仕組み作りを行う。2018年4月より、グループ会社である株式会社メルペイに出向、新しいプロダクトの立ち上げにおける、UX向上の仕組み作りやディレクション業務に取り組んでいる。現在、株式会社メルペイではUXリサーチャーを募集中。

デジタルハリウッド東京本校(でじたるはりうっどとうきょうほんこう)

日本唯一の、大学・大学院を併設した社会人・大学生向けプロ養成クリエイティブスクールです。開学以来フラッグシップコースとして開講をしている『本科』はCG、デザイン、テクノロジーを活用できる真のクリエイターを育成し、クリエイティブ業界のビジネス発展に寄与することを目的としたコースです。専門技術の習得だけに終わらず、現場での即戦力になりうる「実務能力」「作品力」の向上を目指します。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く