レポート

「テープ起こし」の達人・サクラバ姉妹に学ぶ「仕事」の本質

テキスト
半澤絹子
山本真平
前川有香
撮影:間部百合 編集:若林恵、柳樂光隆、宮田文久
「テープ起こし」の達人・サクラバ姉妹に学ぶ「仕事」の本質

ジャズ評論家・柳樂光隆、元WIRED編集長の若林恵、そして気鋭のフリー編集者・宮田文久が主催する、編集ライター講座『若柳宮音筆の会』に、特別ゲストとして、普段は決して表舞台に出ることのない「テープ起こし」の達人2人が招聘された。その名も「サクラバ姉妹」。文藝春秋社など並みいるメジャー出版社、メジャー雑誌のインタビューの原稿起こしを手がけ、編集者から「このまま記事にできるほど」と絶大な信頼を集める縁の下の仕事師。そのきめ細やかで、美しい仕事ぶりは、出版業界のみならず、どんな仕事をやる上でもきっと役に立つ。当日の受講者から、3人の若手ライターが、サクラバ姉妹の仕事の核心にあるものは何かを考えた。

仕事の先には必ず「人」がいる

文:半澤絹子

「この原稿自体が、『取材された人そのもの』のようだ」「出来上がってきたものが、そのまま原稿として使える」

これは、ライターやドキュメンタリー作家への評価ではない。とある2人組のテープリライター「サクラバ姉妹」に対する賞賛の声である。テープリライターとは、インタビューや対談記事などの取材音源を文字化する職人のこと。一般に、出版界を下支えする存在とされる中で、2018年7月15日(日)、本職のライターをも凌ぐ彼女たちの才能にスポットライトが当たった。「クリエイティブとは、奇を衒うだけではなく、相手に対する誠実さからも生まれる」。創造性のそんな本質がかいま見えるひとときとなった。

サクラバ姉妹(左から桜庭久美子、桜庭夕子)
サクラバ姉妹(左から桜庭久美子、桜庭夕子)

出版やコンテンツ制作に携わる者の意識、技術の向上を目的とした『若柳宮音筆の会』。サクラバ姉妹が登壇したのは、この第4回目の会である。実は母と娘であるサクラバ姉妹。母の桜庭夕子氏は25年以上、娘の久美子氏も10数年間のキャリアを誇るが、「表現をしなくては」という気負った姿勢は全く感じられない。「こういう場に出るということを、人生において想定していませんでした」と語る夕子氏は、まさに「品の良い奥さま」だ。

とはいえ、出版大手の文藝春秋社では、2011年の契約からわずか7年にして、「テープ起こしといえばサクラバ姉妹」と尊敬を集めている2人である。

例えば、料理研究家Dの対談原稿のテープリライト。彼女たちは、Dの言葉をただそのまま文字化することはしない。取材対象者が芸能人やアスリートなど著名な人物であった場合、その人らしさが活かされるように、文章を絶妙に編集していく。Dの庶民的な関西弁が活かされるように、逆に標準語を多くして、関西弁はポイント的に残す。すると、「今日、魚ええの見つけたな」「ごちそう作らなあかんと思ったらできへんですよ」という、味わいのある言葉遣いが逆に引き立ってくる。

「『話を実際に聞いているような感じで、読めるかどうか』が大切だと思っています。私たちの原稿を元に編集をされるということは、常に意識しています」と久美子氏。

実際にこの原稿を受け取った、フリー編集者の宮田文久氏は、「お2人が創るものは、編集する前に『良い原稿ができあがる』と確信できる。編集者やライターを鼓舞してくれる」と語る。現代の創作物のほとんどは、集団で創り上げるものだ。自分の仕事が、後に続く者のモチベーションを下げていないか? つまりは「リレーの聖火」が燃え続けているか。クリエイティブな仕事をする上で、意外と意識されていないポイントかもしれない。

宮田文久
宮田文久

また、サクラバ姉妹は、音源を聞きながら、「これは対談記事として使われるのか? それとも、単独のインタビュー記事として使うのか?」も考える。聞き手が編集者やライターのようなら、一人称の原稿としてテープリライトをする。受け取った相手が作業しやすいものを目指すーーそういった心配りも人気のひとつだ。提出データのフォーマットを工夫するだけで、目的に沿った編集もよりしやすくなる。原稿の整え具合ももちろん、クライアントの要望に合わせる。さらに、自分たちが知らない専門用語を取材対象者が話していたら、検索して徹底的に調べ上げる。4人の座談会の取材音源で、途中、2人同士が別々に話し出したとき(!)は、それぞれの会話がひとつになるように、組み替える作業まで行う。締め切り厳守、スピードも速い。

彼女たちのような縁の下のクリエイターは、必ずしも個性は要求されない。むしろ、それが無いことが強みともなる。実際にサクラバ姉妹は、「テープリライトに関して、専門分野は特に持っていない」。個性で売る足し算のクリエイティブではなく、引き算のクリエイティブ。建築ならば、やや住みにくいが芸術性が高い住宅建築と、施主のニーズを汲み取り、さりげなくそれを散りばめた住宅建築との違いといったところだろうか。

ただ、そのようなコラボラティブなやり方を目指すのであれば、施主、すなわち発注者側の努力も必要だと彼女たちは語る。テープリライト前に必要な資料を用意し、専門用語なども予め伝える。取材者が複数人なら、インタビューの冒頭に人物が一致するように、各取材対象者に名前を吹き込んでもらうなど、編集者・企画者がすべきことはたくさんある。納品のクオリティは一方的に、下請けの責任ではない。発注者も、その多くを負っている。

「私たちの仕事は、人と全く関わらない」と言いながらも、彼女たちの目線の先には必ず人がいる。発注者の目の先には、ちゃんと「人」がいるだろうか?

Page 1
次へ

イベント情報

『若柳宮音筆の会』
特別講『サクラバ姉妹(?)にテープ起こしの奥義を見る』

2018年7月15日(日)
時間:16:30(16:00開場) 
場所:東京都 原宿 TOT STUDIO
出演:
サクラバ姉妹
若林恵
柳樂光隆
宮田文久
協力:THINK OF THINGS、&Co

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」