特集 PR

FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

VOLVO「XC40」
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:石澤萌、野村由芽
FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

ODこと小田朋美を迎え入れ、ODとBossの2人組として新たに活動をスタートさせた、菊地成孔によるエレクトロポップ・ユニット、FINAL SPANK HAPPY。5月にリリースしたシングル『夏の天才』、そして夏フェスへの出演、さらには頻繁に更新されるInstagramでの活動など、そのお披露目から約半年経ったいま、彼らはどんな手応えを感じているのだろうか。

ライブ以外は、ひたすら音楽制作とInstagram内でのデートを重ねているだけの、特殊な活動方法を実践しているFINAL SPANK HAPPYの2人。そんな彼らに、コンパクトSUVとして人気のVOLVO「XC40」で池袋、中目黒、六本木、そして晴海埠頭という冬の東京を、恋人同士というていでドライブデートしてもらいながら、FINAL SPANK HAPPYの現在と、結果的に彼らが提示することになった男女ユニットの新しいあり方について尋ねた。

第2期がいいと思っている人も、これまでを知らない人も、今は今でいいと思ってくれているような手応えは感じています。(Boss)

第3期としての活動をスタートさせてから約半年が経過したFINAL SPANK HAPPY。今回、「都会の冬ドライブデート」というテーマでの取材を敢行するにあたり、改めて2人の現在や関係性についてインタビューを行った。リーダーであるBossは、この半年間で得ることのできた、確かな手応えを語った。

—第3期SPANK HAPPY……正式名称「FINAL SPANK HAPPY」が立ち上がってから約半年ほど経ちましたが、手応えのほうはいかがですか?

Boss the NK a.k.a. 菊地成孔(以下、Boss):お客さんのリアクションというのは、どんなバンドをやっても100%思った通りにはならないんだ。オレのこれまでの経験から言って、立ち上げた瞬間っていうのは、6:4の割合でダメって言われることがほとんどなんだよね。早すぎるから、何もかもが。

OD a.k.a. 小田朋美(以下、OD):それは、Bossがこれまでやってきたバンドがっていうことデスか?

Boss:そう。4割の人がポジティブに熱狂して、残りの6割の人がネガティブに熱狂する(笑)。やっていくうちに、だんだん定着して、自然とファンが増えてくるのが通常コースだな。お前とFINAL SPANK HAPPYを立ち上げたときだって、第2期と比べられてあれこれ文句言う人が量産されることは予想していた(笑)。

左から:OD a.k.a. 小田朋美、Boss the NK a.k.a. 菊地成孔 / 中目黒「waltz」
左から:OD a.k.a. 小田朋美、Boss the NK a.k.a. 菊地成孔 / 中目黒「waltz」

—岩澤瞳さんと2人でやっていた頃の、第2期SPANK HAPPYですね。

Boss:そこを飛ばして第1期と比べる好事家もいるかもしれないけど、直前である第2期と比べて文句を言われるのはネガティブ要素ではない。それにはODがめちゃめちゃ魅力的に仕上がらないといけないというミッションがあったが、成功すると思っていたし、実際にその予想を超えるものになった。ODはあるとき、事実上の誘拐に近い形でヘッドハントしてきたわけだが。

OD:自分はパン工場でパンをもらって、お礼に歌を歌ってたじゃないスか(笑)。そしたらBossが現れて。

Boss:オレと契約すれば好きなだけパンを食わせてやるし、世界中のいろんな服を着せてやると言って(笑)。実際デビューしてから、もう8回もライブしているけど、ODの訴求力というのは、蓋を開けたらやっぱりハンパない。第2期を崇拝している人も、これまでをまったく知らない人も、今は今でいいと思ってくれているような手応えは感じている。まあ、Instagramという新しいメディアを、我々がそこそこうまくドライビングしているというのもあるだろうが。

—結構精力的にやられてますよね。

Boss:そうですね。まあ、要するにメディアも時代も第2期までとは変わったわけです。スタイルブックみたいなものや、ストーリーラインみたいなものを、好きなように打ち出せるようになった。それも幸いして、これまでのところは、成功しているのではないかと思っています。

ドライブデートの様子を投稿したInstagram

Page 1
次へ

商品情報

VOLVO「XC40」
VOLVO「XC40」

都市を駆け巡る本物のSUVとして生まれたXC40。正統派のSUVらしく、力強さにあふれた佇まい。その一方で大胆な造形のフロントグリルからテールライトにいたるまで、外観の造形はボルボそのものです。スカンジナビアの独創性と都会的な雰囲気を身にまとった、都市で生活するあなたのために作られた一台です。

キャンペーン情報

VOLVOウィンターデート プレゼントキャンペーン
VOLVOウィンターデート プレゼントキャンペーン

応募期間:2018年11月15日(木)~2018年12月25日(火)
応募方法:下記URLより応募
プレゼント賞品:
A賞:加湿器 cado HM-C620S(1名様)
B賞:マトリョーシカ tegoto:ANATOMY 人の解剖図(1名様)
C賞:書籍『Art Record Covers』(1名様)
D賞:SPANK HAPPY selectedカセットレコーダー(1名様)
E賞:SPANK HAPPY selectedカセットテープ6点セット(1名様)
※キャンペーンは終了しました

プロフィール

SPANK HAPPY(すぱんくはっぴー)

1992年、原ミドリ(ヴォーカル)、菊地成孔(サックス)、河野伸(キーボード)で結成。1994年東芝EMIよりデビュー、1998年の原ミドリ脱退で活動休止。199年に岩澤瞳と菊地成孔とのヴォーカルデュオグループとして活動再開、2001年ベルウッドレコードより再デビュー。2004年の岩澤脱退後、新ヴォーカルにドミニク・ツァイを迎えるがわずかな期間で脱退、以降は2006年10月22日の解散まで女性ヴォーカルを固定しないユニットとして活動した。2018年、小田朋美を迎え、12年ぶりの再始動を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開