特集 PR

Hi-STANDARDは更なる「自由」を手にした。横浜アリーナにて

『THE GIFT EXTRA TOUR 2018』
テキスト
矢島大地
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
Hi-STANDARDは更なる「自由」を手にした。横浜アリーナにて

すべてを明かしたドキュメンタリー映画公開後の初ツアー

昨年行われた『THE GIFT TOUR 2017』で訪れることのできなかった土地を回るという趣旨で、Hi-STANDARD(以下、ハイスタ)が12月に全国6か所にて開催したのが『THE GIFT EXTRA TOUR 2018』だ。ただ、ハイスタのバイオグラフィ全体で見れば、11月から公開されているドキュメンタリームービー『SOUNDS LIKE SHIT』で3人自身がハイスタの全史と栄光と崩壊を語り尽くして以降のライブだと見ることもできる(参照記事:Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー)。観客にしてみても、ハイスタが自分たちの手だけで夢を叶え続けた側面だけでなく、大きな歪みを抱えて分裂した時期のことも生々しく吐露された映画の後には思い入れが改めて増したはずだ。「今こうしてハイスタを観られているのは奇跡のようなことだ」と。

たとえば12月22日の横浜アリーナ公演で“Stay Gold”を演奏する際に、難波が「俺はHi-STANDARDに救われてきた。俺を輝かせてくれてありがとう、ツネちゃん、健くん」と語ると、すぐさま恒岡が「何を言ってるんだよ、3人でHi-STANDARDですから。2人のことも愛してるし、みなさん(観客)のことも愛してます!」と返した場面。これが、横山と難波のコミュニケーションが多く交わされていた、あるいは横山や難波が恒岡に話を振ってきたこれまでとは異なる3人の関係性を象徴している一幕だったと思う。

撮影:Yasumasa Handa(Showcase)
撮影:Yasumasa Handa(Showcase)
Hi-STANDARD。撮影:Yasumasa Handa(Showcase)
Hi-STANDARD。撮影:Yasumasa Handa(Showcase)

自分たちの意志で自由を貫いてきた、Hi-STANDARDの美学が更新

横山が「あの映画はバンドにとってのデトックスになったよね」と話す場面もあったが、前述したドキュメンタリー映画では、これまであまり多く触れられてこなかった恒岡の病気のことも告白されていた。3人でひとつのバンドなのだという実感を改めて掴んだ前ツアーからここに至るまで、より一層それぞれが自分を解き放ち爆発させられるようになっていることが、音、会話、そして一切お互いに遠慮をしない音のぶつかり合いからビシビシと伝わってくる。新曲を手にして現在進行形のバンドとなった前ツアー以上に、3人それぞれが「Hi-STANDARD」という生命体を自由かつ豪胆に振り回しているような。3人それぞれがハイスタでありながら、それぞれがハイスタという枠にまったく収まっていないとでも言えばいいのか、個々が初っ端からトップギアで自身を解放し、その3つの爆走が曲の中でビシッと交わる瞬間が目に見えるのである。

たとえば1曲目に披露された“My Heart Feels So Free”を鳴らし終えた瞬間に恒岡がドラムスティックを天高く放り投げた場面。これまでも、恒岡がエモーショナルになる場面で何度も目にしてきたスティックの放物線だが、冒頭から体も心も強烈に前のめりになっていることが伝わってきた。『THE GIFT』の楽曲が主軸ではありながら、2011年以降一度も演奏されてこなかった“Spread Your Sail”を筆頭に、“This Is Love”、さらには“Kids Are Alright”まで、いわゆる「レア曲」もズラリと並んだセットリストの自由さも、3人自身がハイスタをさらに伸び伸びと楽しめるようになったことの表れだったのではないかと思う。

恒岡章。撮影:Teppei Kishida
恒岡章。撮影:Teppei Kishida
難波章浩。撮影:Yasumasa Handa(Showcase)
難波章浩。撮影:Yasumasa Handa(Showcase)
横山健。撮影:Yuji Honda
横山健。撮影:Yuji Honda

終始マイクに食らいつくようにして歌に没頭し続ける難波の集中力も、何度もスティックを放り投げたりドラム台の上で観客に手を振ったりする恒岡の明るい表情も、一切の遠慮なく爆音で前に前に突き進む横山も、Hi-STANDARDを「自分自身が自由になれる場所」として捉えているような、DIYで自由を追い求め続けたハイスタの本質がそのまま3人自身にも跳ね返ってきているような、そういうパフォーマンスだった。

撮影:Teppei Kishida
撮影:Teppei Kishida
撮影:Teppei Kishida
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『THE GIFT EXTRA TOUR 2018』

2018年12月22日(土)
会場:神奈川県 横浜アリーナ
出演:
Hi-STANDARD
Crystal Lake
COKEHEAD HIPSTERS

作品情報

『SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD』
『SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD』

2018年11月10日(土)新宿バルト9ほか全国公開
監督:Wataru Umeda
製作:SOUNDS LIKE SHIT PROJECT
配給:NexTone

リリース情報

Hi-STANDARD『THE GIFT』
Hi-STANDARD
『THE GIFT』(CD)

2017年10月4日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PZCA-81

1. All Generations
2. The Gift
3. Can I Be Kind To You
4. Going Crazy
5. Time To Crow
6. My Girl
7. Hello My Junior
8. Big Ol' Clock
9. We're All Grown Up
10. Punk Rock Is The Answer
11. Pacific Sun
12. I Know You Love Me
13. Bridge Over Troubled Water
14. Free
15. Friend Song(ボーナストラック)
16. Cabbage Surfin'(ボーナストラック)

プロフィール

Hi-STANDARD
Hi-STANDARD(はいすたんだーど)

横山健(Gt,Vo)、恒岡章(Dr)、難波章浩(Vo,Ba)によるパンクロックバンド。通称「ハイスタ」。1991年8月、4人で結成。1992年9月より、現在の3人体制となる。1994年にミニアルバム『LAST OF SUNNY DAY』をリリース。『GROWING UP』(1995年)、『ANGRY FIST』(1997年)と、2枚のフルアルバムをメジャーレーベルから発表。1997年には、主催フェス『AIR JAM』をスタートさせる。1999年に、自主レーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を立ち上げ、アルバム『MAKING THE ROAD』をリリース。インディーズとしては異例の国内外で100万枚以上のセールスを記録する。2000年に活動休止。2011年、『AIR JAM 2011』の開催と再始動を発表。2016年10月5日には、シングル『ANOTHER STARTING LINE』を突如リリースした。2017年10月4日、18年ぶりのアルバム『THE GIFT』をリリース。2018年11月10日より、ドキュメンタリー映画『SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD』が全国約80館で上映。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業