特集 PR

蓮沼執太が自ら手ほどき。環境音採集のワークショップに密着

『Saturday Program』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:タケシタトモヒロ 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
蓮沼執太が自ら手ほどき。環境音採集のワークショップに密着

少数精鋭、中身がぎゅっと詰まった特別ワークショップに、蓮沼執太が登場

環境音や電子音を駆使した現代音楽から、映画や舞台、広告などさまざまなフィールドで活躍する音楽家、蓮沼執太が、2018年12月22日、フィールドレコーディングをテーマにした「ソニースクエア渋谷プロジェクト」主催のワークショップに登場した。

蓮沼執太
蓮沼執太

渋谷モディ1階にある「ソニースクエア渋谷プロジェクト」は、2017年4月のオープン以来、ソニーの製品や新しいテクノロジーなどを複合的に体験できる企画を実施している。2018年10月の拡大リニューアルオープン後には、17.1chの音響設備による音楽体験のほか、「PlayStation®VR」で遊んだり、「aibo」と触れ合ったりすることができるようになった(体験できる内容、展示物は時期により変更になる可能性がある)。

今回のワークショップは、小規模でも中身の濃いプログラムを目指し、ソニースクエア渋谷プロジェクトが定期的に開催する『Saturday Program』と銘打ったイベントの1つ(参加無料)。当日は悪天候だったにも関わらず、10名の参加者が集まった。

渋谷の喧騒も、音楽のかけらになる。フィールドレコーディングに挑戦

この日のテーマは「渋谷の音を集めて、音楽を奏でる」というもの。蓮沼と参加者が渋谷の街に出て「環境音」をフィールドレコーディングし、その素材を全て使って楽曲を作るという。

まずは、レコーディングに使用するPCMレコーダーとヘッドホンが参加者全員に配られ、操作方法や注意事項などがスタッフから説明されたあと、蓮沼本人よりフィールドレコーディングについて、簡単なレクチャーがあった。蓮沼自身、大学では環境経済学を専攻しフィールドワークなどを行い、その「リサーチ」の一環としてフィールドレコーディングを学んだという。

ワークショップで使用したリニアPCMレコーダー「PCM-A10」
ワークショップで使用したリニアPCMレコーダー「PCM-A10」(公式サイトを見る

蓮沼:人間って、耳だけで音を聞いているわけではないんです。音の振動を、皮膚で感じていたりもする。しかも、耳は自分が聞きたい音にフォーカスしているので、それ以外の音を無意識に拒否しているんです。なので、レコーダーで録ってみると、その時には気づかなかった音が入っていることがよくあります。そのような未知なる出会いも、是非味わってみてください。

また、「音がたくさん集まると音楽になる」というのが、僕の基本的な考え方です。今日はあまり難しいことは考えず、とりあえず気になった音を録ってみるところから始めましょう。

蓮沼執太
Page 1
次へ

イベント情報

『Saturday Program』

渋谷の街の人々やクリエイターと一緒に新しいカルチャーを作る、ソニースクエア渋谷プロジェクトの新しい取り組み。ソニーのテクノロジーやコンテンツとクリエイターが共創することで新しい可能性を創造し、発信していこうという継続的なワークショップです。

商品情報

「PCM-A10」
「PCM-A10」

プロフィール

蓮沼執太
蓮沼執太(はすぬましゅうた)

1983年、東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作をする。また「作曲」という手法を応用し物質的な表現を用いて、彫刻、映像、インスタレーションを発表し、展覧会やプロジェクトを行う。2013年にアジアン・カルチャル・カウンシル(ACC)、2017年に文化庁東アジア文化交流史に指名されるなど、日本国外での活動を展開。主な個展に『Compositions』(ニューヨーク・Pioneer Works 2018)、『 ~ ing』(東京・資生堂ギャラリー 2018)など。最新アルバムに、蓮沼執太フィル『ANTHROPOCENE』(2018)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで