レポート

(G)I-DLEが日本進出。単独公演で掲げた「楽しみながら音楽をやること」

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
2019/07/31
(G)I-DLEが日本進出。単独公演で掲げた「楽しみながら音楽をやること」

韓国で新人賞10冠、デビューからチャートのトップに君臨する6人組

また一組、韓国から大型新人が日本にやってきた。BTOB、PENTAGON、CLCらを擁するCUBE ENTERTAINMENTが送り出す6人組ガールズグループ「(G)I-DLE」(日本での読みは「ジー・アイドゥル」)だ。

2018年5月に本国でデビューした彼女たちは、デビューからわずか20日で音楽番組1位を記録。その後リリースした“HANN”“Senorita”“Uh-Oh”でも立て続けに1位を獲得している。韓国国内では音楽賞の新人賞10冠という記録も打ち立て、まさに「大型新人」の名にふさわしい活躍と言えよう。国境を超えて活動するK-POPアーティストにおいて多国籍なグループはいまや珍しいことではないが、(G)I-DLEもグローバルなメンバーで構成されている。

7月31日にミニアルバム『LATATA』で日本デビューした(G)I-DLE(左から:スジン、ミンニ、ソヨン、ウギ、シュファ、ミヨン)
7月31日にミニアルバム『LATATA』で日本デビューした(G)I-DLE(左から:スジン、ミンニ、ソヨン、ウギ、シュファ、ミヨン)

韓国での華々しいデビューから1年超。7月31日にリリースとなった日本デビューミニアルバム『LATATA』の発売に先駆け、6人は日本のファンにとっては待望の初単独公演となるショーケースライブを行なった。

日本で初の単独公演は最新曲で幕開け。(G)I-DLEの「いま」を見せつける

7月23日、会場となった東京・マイナビBLITZ赤坂には1分で完売したというチケットを運良く手にした約1500人が集まった。チケットには定員の約10倍の応募があったというから、日本でも彼女たちに向けられた期待の高さが窺える。

ペンライトの紫の光と大歓声に包まれて登場した(G)I-DLEの6人がまず披露したのは、6月末に韓国でリリースされたばかりの“Uh-Oh”。恋愛を歌ってきたそれまでのリード曲とは一線を画し、都合よく近づいてくる人間への反発心を挑発的に歌った最新曲で、(G)I-DLEの「いま」のモードを見せつける。

7月23日にマイナビBLITZ赤坂で行なわれた(G)I-DLEのショーケースライブより。日本では初の単独公演となった
7月23日にマイナビBLITZ赤坂で行なわれた(G)I-DLEのショーケースライブより。日本では初の単独公演となった

黒を基調としたクールなファッションを纏い、1990年代ヒップホップのBoom Bapのスタイルを取り入れたゆったりとしたビートに身を揺らす彼女たちは、かわいらしさとかっこよさが同居した「ガールクラッシュ」のイメージが良く似合う。メインダンサー・スジンのソロダンスパートではひときわ大きな歓声があがり、会場は熱気に包まれた。パフォーマンスでは、さっそく日本デビュー盤から“MAZE(Japanese ver.)”が披露された。

リーダー・ソヨンのソングライターとしての才能を思い知る

ラッパーのソヨンは、オーディション番組『Produce 101』や『UNPRETTY RAP STAR』などでデビュー前からその名を馳せ、作詞・作曲・編曲も手掛ける。これまでの(G)I-DLEのタイトル曲では全て作詞作曲を担当し、音楽番組で1位を獲得しているが、それだけにとどまらず同じ事務所のガールズグループ・CLCにも“NO”を提供するなど「作曲ドル」としても知られる。またソヨンだけでなく、バンコク出身メンバーのミンニも自作曲が2ndミニアルバム『I Made』に収録されている。

ライブではこれまでリリースされた全てのタイトル曲を披露した
ライブではこれまでリリースされた全てのタイトル曲を披露した

トークコーナーを挟んだライブ後半は、ムーンバトン調の“LATATA”、カスタネットのようなサウンドが全編に配されたラテン調の“Senorita”、口笛の音のような音色が印象的なダンスポップソング“HANN”と、ソヨンが手掛けたタイトル曲が続けてパフォーマンスされた(“HANN”は日本語バージョン)。YouTubeの総再生回数が約1億2000万回を記録しているデビュー曲“LATATA”ではファンの掛け声も一層大きくなり、本編最後の“HANN”まで最高潮の盛り上がりで駆け抜けた。

いずれも「明るくポップ」というよりは、メランコリックかつ妖艶で、ややスローペースの楽曲にもかかわらず、緩急ある展開と統制されつつも各々の個性が際立つ6人のパフォーマンスによって観客の心をしっかりと掴む様からは、ソヨンのソングライターとしての才能、そして6人のパフォーマーとしての実力を思い知らされた。

会場には1分で完売したチケットを手にした約1500人が詰めかけた
会場には1分で完売したチケットを手にした約1500人が詰めかけた

第一に掲げたのは「楽しみながら音楽をやっていくこと」

勉強中だという日本語も交えて進行されたトークコーナーでは、日本デビューに向けての思いや各々の魅力ポイントが語られた。

なかでもリーダー・ソヨンの言葉が印象に残っている。これからの目標を尋ねられた彼女は「まず1つ目は楽しみながら音楽をやっていくことです」と答え、「2つ目は韓国だけでなく世界のNEVERLAND((G)I-DLEのファンの名称)とお会いすることです」と続けた。

言葉の裏には、オーディション番組で音楽によって競うことを経験した彼女だからこその思いがあるのかもしれない。ソヨンはトークコーナー後に会場で流されたスペシャルVTRのなかでも、タイトル曲の作曲を手掛けることについて「プレッシャーはありますが、楽しくできるように努力しています」と答えていた。

しかし「今後の目標」という質問にファンへの思いや、グループを大きくすること、といった答えが第一にくるのではなく、「まず自分たちが楽しむこと」を掲げる姿に頼もしさを覚えたのは私だけだろうか。自分たちが楽しんでこそ、ファンを喜ばせることもできる。(G)I-DLEのグループ名には「ひとりひとり個性ある女の子たちが集まっている」という意味が込められているそうだが、ここには「自分」を持っている6人が集まっているのだと感じさせられた。

アンコールでは日本デビュー曲“LATATA(Japanese ver.)”を初披露
アンコールでは日本デビュー曲“LATATA(Japanese ver.)”を初披露

作詞・作曲・編曲への参加に加えて振付も自ら行なう「セルフプロデュースアイドル」である(G)I-DLEは、「自分たちの音楽を自分たちでパフォーマンスしている」という自負も強いだろう。ライブ会場では多くの若い女性ファンが声援を送っていたが、「自分たちの音楽」を楽しみながらステージで見せる6人の姿は憧れの対象であるだけでなく、観る者をエンパワーしてくれる存在でもあるはずだ。日本デビュー曲“LATATA(Japanese ver.)”を披露したアンコールでも、クールな本編とは打って変わった力の抜けたパフォーマンスでファンと交流し、ステージを楽しむ姿が目を引いた。

ショーケースライブはアンコール含め6曲という短い公演だったが、今度はその姿をより大きな会場で、もっと長い時間見せてほしい。日本デビューをきっかけに、日本でもその機会が増えることを期待したい。

(G)I-DLE“LATATA(Japanese ver.)”PV

イベント情報

『(G)I-DLE JAPAN DEBUT SHOWCASE』

2019年7月23日(火)
会場:東京都 マイナビBLITZ赤坂

リリース情報

{作品名など}
(G)I-DLE
『LATATA』初回限定盤A(CD+DVD)

2019年7月31日(水)発売
価格:2,300円(税込)
UMCK-7021

[CD]
1. LATATA(Japanese ver.)
2. Light My Fire
3. MAZE(Japanese ver.)
4. For You
[DVD]
・LATATA(Japanese ver.)MV
・LATATA(Japanese ver.)MV Making

リリース情報

{作品名など}
(G)I-DLE
『LATATA』初回限定盤B(CD)

2019年7月31日(水)発売
価格:2,200円(税込)
UMCK-7022

1. LATATA(Japanese ver.)
2. Light My Fire
3. MAZE(Japanese ver.)
4. For You
※28Pフォトブック付属

リリース情報

{作品名など}
(G)I-DLE
『LATATA』通常盤(CD)

2019年7月31日(水)発売
価格:1,500円(税込)
UMCK-1631

1. LATATA(Japanese ver.)
2. Light My Fire
3. MAZE(Japanese ver.)
4. For You

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表