特集 PR

Meik、19歳。10年以上積み上げた圧巻のダンススキルと物語がある

Meik『Summer LIVE ~make a wish~』
テキスト
森朋之
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/09/04
Meik、19歳。10年以上積み上げた圧巻のダンススキルと物語がある

ダンス、歌、自身のライフストーリーの表現力で人々を魅了するMeik

幼少の頃からヒップホップダンスの世界で名を上げ、小学生でEXILEのバックダンサーを務めたというキャリアを持つ。その後、ダンスボーカルグループ・J☆Dee'Zのメンバーとしてデビューするも、ケガによって活動休止を余儀なくされた彼女は、様々な壁を乗り越え、2017年にソロとしてのキャリアをスタートさせた。それから約2年。この日のライブで彼女が見せたのは、これまでの軌跡とそのなかで生まれたリアルな感情、そして、自らが理想とするアーティスト像だった。

Meik(めいく)<br>静岡出身。キッズ時代からヒップホップダンサーとしての実力はトップレベルを誇り、数多くの雑誌やメディアでも取り上げられ、デビュー前から多くのトップアーティストのミュージックビデオに出演。2013年に4人組ダンスボーカルグループJ☆Dee'Zのメンバーとしてメジャーデビューし、2016年11月にグループを卒業。J☆Dee'Z時代を経て、自身の目指すアーティスト像を追求するためにソロ活動を開始。
Meik(めいく)
静岡出身。キッズ時代からヒップホップダンサーとしての実力はトップレベルを誇り、数多くの雑誌やメディアでも取り上げられ、デビュー前から多くのトップアーティストのミュージックビデオに出演。2013年に4人組ダンスボーカルグループJ☆Dee'Zのメンバーとしてメジャーデビューし、2016年11月にグループを卒業。J☆Dee'Z時代を経て、自身の目指すアーティスト像を追求するためにソロ活動を開始。

2017年7月、1stミニアルバム『Make It Happen』でソロデビューを飾ったMeik。2ndミニアルバム『Make Cheer』の収録曲“Feeling Good”がベトナムのダナン観光局のオフィシャルテーマ曲に選ばれ、ダナンで行われた『日越文化交流フェスティバル』に出演するなど、活動の幅を広げている彼女が8月24日、渋谷clubasiaでワンマンライブを開催した。

1970~80年代のファンク、R&B、ディスコをルーツにした楽曲、厚みのある中低域を活かしたボーカル、10数年に渡って積み重ねてきたダンススキル、そして、自分自身の物語を生々しく反映させた表現力。6度目のワンマンで彼女は、ソロアーティストとしての魅力を様々な角度から体現してみせた。

Meik
ベトナム・ダナンのオフィシャル観光テーマソング“Feeling Good”

振付も自身で行うMeikは、10代のダンスキッズたちからも注目される

オープニングは、最新配信シングル“It's Time”のカップリング曲“ONE STEP TODAY”。EDMとファンクを融合させた個性的なトラック、「愛する人の心を奪ってみせる」という思いを込めた歌が響き、フロアを埋め尽くした観客——多くの男性ファンのなかに、女性ファン、そして10代のダンスキッズも——の体を揺らす。

Meik『It's Time / ONE STEP TODAY』を聴く(Apple Musicはこちら

そして1stミニアルバム『Make It Happen』のリードトラック“LOVE~愛はディスコ~”へ。1980年代のディスコを現代的なダンストラックに結びつけたこの曲は、Meikの音楽性の基盤と言っていい。特筆すべきはやはり、ダンスだ。女性ダンサー3人、男性ダンサー1人とともに繰り広げられるパフォーマンスは、多彩な振り付け、フィジカルの強さを含め、以前よりもさらに進化していた。ソロ楽曲の振り付け、ダンサーへのディレクションは彼女自身が担当。ライブは彼女にとって、コレオグラファーとしてのセンスを発揮できる場所でもあるのだろう。振り付けのなかにハンドクラップなどを織り交ぜ、フロアとの一体感を生み出すステージングも印象的だった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Summer LIVE ~make a wish~』

2019年8月24日(土)
会場:東京都 渋谷 ClubAsia

リリース情報

Meik『It's Time』
Meik
『It's Time』

2019年3月20日(水)配信

プロフィール

Meik
Meik(めいく)

静岡出身。キッズダンサー時代からHIP HOPダンサーとしての実力はトップレベルを誇り、数多くの雑誌やメディアでも取り上げられ、デビュー前から多くのトップアーティストのミュージックビデオにも出演。2013年にソニーレコーズより4人組ダンスボーカルグループJ☆Dee'Zのメンバーとしてメジャーデビューし、2016年11月にグループを卒業。J☆Dee'Z時代を経て、Meikは自身の目指すアーティスト像を追求するために動き出し、ソロ活動を開始。2017年7月26日にMeikのブラックフィーリング満載のミニアルバム『Make It Happen』でソロデビュー。2018年7月25日には2ndミニアルバム『Make Cheer』をリリース。特徴的なハスキーな歌声と、幼少期から鍛えられたダンス、圧倒的なステージパフォーマンスを武器に、デビュー以来数多くのステージに立つ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察