特集 PR

音楽や楽器の新しい定義を見つける。ドレイク・ミュージックの実践

ブリティッシュ・カウンシル
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:相川健一 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)
音楽や楽器の新しい定義を見つける。ドレイク・ミュージックの実践

障害のある人にとって本当の障壁は何か? テクノロジストとの出会い

『東京オリンピック・パラリンピック』を契機に、英国チームのホストタウンとして同国との交流を進めている川崎市。市では、誰もが暮らしやすいまち作りに向けた運動「かわさきパラムーブメント」の一環として、昨年からアート団体ドレイク・ミュージックを招聘し、トレーニングや、ワークショップなどを開催している。

ドレイク・ミュージックとは、障害のあるなしにかかわらず全ての人が音楽を楽しむための多様なプログラムを展開している英国のアート団体だ。障害のある人に向けた、利用しやすい音楽サービスを提供するほか、障害のある人がより容易にアクセスできる音楽プログラムを実施する人材を育成するためのトレーニングを実施している。また、音楽家や企業関係者、エンジニア、デザイナーがアイデアを交換し合う場を積極的に作っており、その取り組みには世界中から注目が集まっている。

左から:ベン・セラーズ(アソシエイト・ミュージシャン)、ティム・イエイツ(R&Dプログラム・リーダー)、ダレル・ビートン(アーティスティック・プログラム・リーダー)
左から:ベン・セラーズ(アソシエイト・ミュージシャン)、ティム・イエイツ(R&Dプログラム・リーダー)、ダレル・ビートン(アーティスティック・プログラム・リーダー)

そんなドレイク・ミュージックの代表的な取り組みの1つが、テクノロジーを駆使したアクセシブル(近づきやすさやアクセスのしやすさ、利用しやすさなどの意味)な楽器開発である。中でも有名なのは、障害のある音楽家ジョン・ケリーと共に開発したギター「ケリー・キャスター」だ。ティム・イエイツがこの楽器について説明してくれた。

ティム:ジョンは、自分がどう演奏したいかというビジョンを明確に持っていました。そこで我々ドレイク・ミュージックは、テクノロジストを集めてハッカソンを開催し、名乗りを挙げた2人のメンバーと共にプロジェクトに関わることになりました。

ティム・イエイツ
ティム・イエイツ

まだあまり耳馴染みのない言葉かもしれない「テクノロジスト」とは、「知識に裏付けられた技能を使いこなす人」を指す。技術者と職人の中間に位置するような存在のことだ。

ジョンは握力が弱く、ギターの弦を押さえることができなかった。そのため、まずはエレキギターを切断し、ジョンの体に合う形を作るところから作業は始まった。

アクセシブルなギター「ケリー・キャスター」開発の様子 / © Emile Holba
アクセシブルなギター「ケリー・キャスター」開発の様子 / © Emile Holba

パンクミュージシャンであるジョンから出された「見た目もパンクっぽくして欲しい」というリクエストも取り入れ、実に3年の開発期間を経て「ケリー・キャスター」は完成した。ジョンの手の動きを感知したマイコンボードが、PCの音楽ソフトに信号を送り音を出す仕組みだ。楽器は現在も変わらず愛用され、彼のライブステージで大活躍しているという。

「ケリー・キャスター」開発の様子。障害のある音楽家、ジョン・ケリーとともに開発を進める / © Emile Holba
「ケリー・キャスター」開発の様子。障害のある音楽家、ジョン・ケリーとともに開発を進める / © Emile Holba

ドレイク・ミュージックで、アーティスティック・プログラム・リーダーとして活動するダレル・ビートンは「楽器を大量生産し利益を出すことが、活動の目的ではない」と言う。

ダレル:我々の目的は、障害がありつつも「音楽をやりたい」という強い意志を持つ方が「障壁」だと感じているものを取り除くことです。ジョンと3年も一緒に取り組んでいるのは、傍目には非効率に感じるかもしれません。でも、彼との作業で見えてきたことは、その経験が他のサポートケースにも応用できるということでした。

ダレル・ビートン
ダレル・ビートン

そうしたサポートのデータは全て『ドレイク・ミュージック・ラボ』に集積される。ハッカーやテクノロジスト、楽器メーカーが一丸となり、障害のあるミュージシャンのニーズに応える新しい楽器開発や既存楽器のカスタマイズを模索しているという。

ティム:ロンドンとマンチェスターで定期的に開催されている『ドレイク・ミュージック・ラボ』は、テクノロジストと障害のある音楽家が出会う場です。コミュニティーを作り、メンバーの関係を構築することによって、新しい楽器開発もスムーズに進んでいきます。

障害のある人にとって何が本当の障壁となっているのか? それを取り外すためには何が必要なのか? この2つの問いは音楽家とテクノロジスト、双方にとってのチャレンジであり、またそれが互いの恩恵にもなっているところがポイントだと思います。

ドレイク・ミュージック・ラボでの様子。障害のある音楽家が主導して、ハッカー、テクノロジスト、楽器メーカーと一緒に、新しい楽器開発や既存の楽器のカスタマイズを進めている / © Emile Holba
ドレイク・ミュージック・ラボでの様子。障害のある音楽家が主導して、ハッカー、テクノロジスト、楽器メーカーと一緒に、新しい楽器開発や既存の楽器のカスタマイズを進めている / © Emile Holba
Page 1
次へ

プロジェクト情報

日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」
障害のある人の音楽アクセス向上

本プロジェクトは、ブリティッシュ・カウンシルが駐日英国大使館とともに展開している、日本と英国の固い絆を深めていく日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」の主要プログラムの1つです。キャンペーンサイトでは2020年に開催するドレイク・ミュージックとのプログラムの他、日本国内でご参加いただける英国の文化芸術に関連したイベント情報を掲載しています。

プロフィール

ダレル・ビートン

ドレイク・ミュージックのアーティスティック・プログラム・リーダー。舞台芸術分野で、障害のある人や若者を対象とした芸術活動に長年従事してきた。2006年から約10年間、若者のための劇団、Kazzumで芸術監督を務め、2013年には長年に渡る青少年のための活動が認められ『Action for Children's Arts Members Award』を受賞。2012年の『ロンドンパラリンピック競技大会』のオープニングセレモニーにパフォーマーとして参加。現在、ドレイク・ミュージックでの活動以外に、グレイアイ・シアター・カンパニーのアソシエイトディレクターとして舞台に立つほか、フリーランスの舞台アーティストとして英国内外で活動している。

ティム・イエイツ

ドレイク・ミュージックのR&Dプログラム・リーダーとして多様な障害のある人とアクセシブルな楽器の開発を行う。受賞歴を持つサウンドアーティスト、ミュージシャン。パフォーマンスやインスタレーションのために多様な楽器の開発も行っている。これまでテート・モダン、ヴィクトリア&アルバートミュージアム、ロンドン・デザイン・ウィークなどで作品を発表。サウンドハッキングに特化した団体で、アーティスト、エンジニア、科学者に発表の場を提供するHackousticの創立者、ディレクターで、We Are Robotsフェスティバル、『Abbey Road Hackathon』、テート・モダンの『Tate Lates』など、幅広いイベントの運営を手掛けている。近年では障害のある音楽家、DJ Arthroのためのワイヤレス・ループシステムの開発を目的とした「Loopfree」プロジェクトで権威あるスウェーデン王立工科大学の『KTHイノベーション・ミュージックテクノロジー・チャレンジ賞』を受賞。

ベン・セラーズ

ドレイク・ミュージック、アソシエイト・ミュージシャン。英国におけるテクノロジーを取り入れた音楽教育プログラムのパイオニア。教科書『Teaching Music with Garageband for iPad』をはじめとする音楽教材の著者。これまでBBC交響楽団、ロンドン博物館などの芸術機関や音楽フェスティバル、英国各地の音楽教育機関などを対象にトレーニングを行ってきた。音楽ワークショップを参加者や社会に変化をもたらすものととらえ、現在は特に障害のある人の音楽へのアクセス向上に取り組んでいる。

ドレイク・ミュージック

すべての人に開かれ、誰もが参加できる音楽文化を理念に、障害のある人に障害のない人と同じだけ、音楽活動に参加する機会、選択肢やサポートが存在し、障害のあるなしに関わらず音楽家として対等な関係で活躍することができる社会の実現に向け活動する英国のアート団体。音楽×障害×テクノロジーの分野の前衛として20年以上にわたり、障害のあるなしに関わらず多様な人が音楽に親しみ、音楽活動に関わる機会を生み出す補助テクノロジーを創出してきた。あらゆる年齢層の障害のある人々に向けたアクセシブルな音楽サービスを提供するほか、障害のある人の音楽アクセスを向上するために音楽家や文化機関に向けたトレーニングプログラムなども実施。さらには、障害のある音楽家のためにテクノロジーを駆使し先進的でアクセシブルな新しい楽器の開発など、その活動は多岐に及ぶ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図