レビュー

下町発信世界行き 楽しいアートを体験しよう

CINRA.NET編集部
2008/11/18
下町発信世界行き 楽しいアートを体験しよう

現在開催中の水戸芸術館での「日常の喜び」展に参加しているKOSUGE1-16は、作品自体にコミュニケーションを起こさせるようなアーキテクチャを持っている。例えば、長屋の中に自転車がショートカットできるような抜け道を作ったり、横浜トリエンナーレでは「巨大サッカーゲーム」を出品し、見ず知らずの人とゲームを「しなければならない」状況を作り出したり、地元サッカーリーグのトロフィーを履きつぶしたスパイクを使ってみんなで作るブロジェクトを実施したりというように。

彼らは実際に東京都葛飾区小菅に住み活動を行っているが、下町のコミュニケーションという個々人の越境行為が彼らにとっての作品の源となっていることは間違いない。今回、「日常の喜び」展において行われるワークショップも、「参加者間にあそびをとおしたコミュニケーションを呼び起こす」ことを目的としているが、逆に言えばそうしたコミュニケーションに私たちは飢えているともいえるのではないだろうか。「日常の喜び」が本当の「日常の喜び」として根付くために、彼らのこれからの作品群を追ってゆきたい。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

『アスレチッククラブ4号DX』『サイクロドロームゲームDX』など

KOSUGE1-16は車田智志乃、土谷享の二人組のアーティストユニットとして2001年から活動しています。KOSUGE1-16の作品制作のきっかけは日常のありふれた環境や、現象、人のつながりにあります。作品を介在させることで鑑賞者を参加者として変質させ、参加者同士、あるいは作品と参加者の間に「もちつもたれつ」という関係性を構築します。アートが身近な場所で生活を豊かにしていく存在として成立する事を目的にしています。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に