レビュー

まるで友人の結婚式にでもいるかのような多幸感!

木下夕希
2009/02/17
まるで友人の結婚式にでもいるかのような多幸感!

2007年の初夏、白金のとあるお寺で見た三田村管打団?の東京初ライブ。管楽器がぶいぶいと歌声をあげ、ほとんどが初見であろうお客さんも大盛り上がりでライブは進み、いよいよ頂点か!と思った瞬間、メンバーが楽器を下げ、大合唱(しかも、あんまり美しくない類の!)を始めた瞬間の煌きは、2年近く経った今でも言葉に出来ずにいる。 昼下がりの吹奏楽のようなパワフルなブラス・サウンド、ライブハウスだろうとどこだろうときっと腰が踊る茶目っ気溢れるビート、そして何よりまるで友人の結婚式にでもいるかのような多幸感! 心から流れてきた何かが"音楽"になる瞬間を感じさせてくれる極上の楽団、それが三田村管打団?なのだ。

約2年半振りの新作『!!』は、今は無きフリー・スペース新世界BRIDGEでの録音や、丁寧に録り溜めてこられたライヴ・テイクからなる全8曲。リブ!ラフ!のリーダーであり、芳垣安洋、船戸博史(ふちがみとふなと)とのユニット・サイツでも音源を残している故・大原裕氏のナンバー「旅行」が飾るラストは、彼らの音楽がいかに親しみやすくて、でもやっぱりちょっと特別なことを感じさせてくれるだろう。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

『!!』

2009年2月14日発売
価格:2,100円(税込)
compare notes

1. バイエルン
2. コッペパン
3. ヤマヤマ
4. キネンジロー
5. マンモス
6. アルボラーダ
7. お母さんお願い
8. 旅行

三田村管打団?

ほっこり系爆裂ブラスバンド。女子10男子6の16人編成。今日も楽しい明日も楽しい見に来ればもっと楽しい。世界の音楽と独自の音楽を奏でる雑食性集合体。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年