レビュー

「お前もムカデ人間にしてやろうか!」前作を遥かに凌ぐ奇跡的続編は残酷18禁

CINRA.NET編集部
2012/07/17
「お前もムカデ人間にしてやろうか!」前作を遥かに凌ぐ奇跡的続編は残酷18禁

アメリカで活躍する日本人俳優・北村昭博が、人間ムカデ第1号となり、かつ先頭を務めたことで話題となった映画『ムカデ人間』。「人間を繋げてムカデみたいにしたい」という誰も得しない嗜好を持つマッドサイエンティストが、アジア人と白人女性2人で人間ムカデを作ってしまうというバカバカしい内容は世界中で大ウケ。あのクエンティン・タランティーノ監督も劇場に足を運んだ1人である。

©2011 SIX ENTERTAINMENT
©2011 SIX ENTERTAINMENT

もちろん日本でも、映画のすべてを表したストレートなタイトルそのままの内容と、亀田興毅の父親がやくみつるとテレビ番組で口論する場面を見て役作りしたという北村のアグレッシブな芝居もあって、映画はヒット。監禁ジャンルのホラー映画だが、内容が内容だけに「笑える映画」と捉えていた観客が多かったのがその要因だろう。確かに外国人が描くステレオタイプの日本人から乖離した、もはや日本でも見たことがないようなキャラクターと化した北村の芝居は面白いし、人間ムカデのビジュアルは爆笑必至だった。先頭が排泄したものを2番目が必然的に食す、というインモラルな表現もあったが、直接的な残酷描写はほとんど見られず、観客は好意的なB級映画として楽しんでいた。

話題作の例に漏れず、早速続編が製作された。邦題もそのままシンプルに映画『ムカデ人間2』。しかし監督のトム・シックス監督の気合は前作を遥かに凌いでいた。まるでスティーヴン・スピルバーグ監督が「好意的な宇宙人映画ばかり作るヒヨッコ監督」と言われたことを根に持ち、大殺戮映画『宇宙戦争』を作ったように、シックス監督は「ホラー映画としては物足りない」というオタク、ファンたちに真っ向から勝負したのだ。まず前作の笑いを期待して本作を鑑賞するのは止めよう。映画を支配するのは、生理的嫌悪感を抱かせる見た目の持ち主である変態親父による、流血と糞尿と精液にまみれた阿鼻叫喚の地獄絵図だからだ。しかし一方で、ホラー映画としては前作を優に超える大傑作であるのは間違いない。前作と果たして同一監督の手によるものなのか疑いたくなるほど、ストーリーテリングは巧みであり、えげつなさは100パーセントだ。

©2011 SIX ENTERTAINMENT
©2011 SIX ENTERTAINMENT

『ムカデ人間』の大ファンで、いつか自分でも人間ムカデを作ろうと妄想しているデブ・ハゲ・中年・無口のマーティンが主人公。彼は11人の男女を次々と拉致し、『ムカデ人間』に出演した女優アシュリンをまんまと騙して自らのムカデ工場に招き入れ、12人による人間ムカデを創造するための大手術を始める…。マーティンの神がかった容姿、そして人を食ったかのようなメタフィクション演出に痺れる。手術シーンはすべてダイレクトに映し出され、前作のマッドサイエンティストによってクリエイトされた人間ムカデとは似ても似つかない、苦痛がありありと伝わる12人の人間ムカデはグロテスクかつ汚らしい。カラーでなく、モノクロでの撮影も効果的。そしてそんな人間ムカデの存在さえも薄めるのが、マーティン役のローレンス・R・ハーヴェイだ。日本のピンク映画が大好きな親日ということで悪い人ではないのだろうが、オーディションではイスとfuckする芸当を見せ、シックス監督のハートを射抜いたというcrazy motherfuckerだ(褒め言葉)。

映画の場合、続編は成功しないとよく言われる。しかし本作はジェームズ・キャメロン監督の映画『ターミネーター2』並みに、内容的に成功した続編と断言できる。ちなみにイギリス、オーストラリアでは倫理観を逆撫でする内容ゆえ上映禁止。アメリカでは一部カットでの公開だが、日本はもちろん18禁映画として堂々公開される。ギャスパー・ノエ監督の映画『カルネ』、ユルグ・ブットゲライト監督の映画『シュラム 死の快楽』、そして『ムカデ人間2』の3本立てで『「デブ・ハゲ・中年・無口」映画祭』とかやってほしい。

映画情報

『ムカデ人間2』

2012年7月14日から新宿武蔵野館でレイトショー公開
監督・脚本:トム・シックス
音楽:ジェームス・エドワード・バーカー
出演:
アシュリン・イェニー
ローレンス・R・ハーヴェイ
マディ・ブラック
ドミニク・ボレリ
配給:トランスフォーマー

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと